現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ初の量産型EV「MX-30」を発表、2020年後半から欧州市場に投入

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.23

マツダ初の量産型EV「MX-30」を発表、2020年後半から欧州市場に投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは10月23日、「東京モーターショー2019」で、同社初となる量産型電気自動車(EV)「MX-30」を世界初公開した。同日から欧州市場での予約注文の受け付けを開始し、2020年後半に販売、日本市場にも投入する予定。マツダの丸本明社長は「電気自動車であってもマツダの開発哲学である人間中心の設計思想は変わらない。内燃機関と同様、滑らかで自然な運転感覚による人馬一体感を実現した」と述べた。

マツダは2030年に全車両を電動化する計画を掲げており、電動車両のラインナップを拡充する。

    ホンダ 新型フィットを公開  日本市場投入は2020年2月

新型EVは、バッテリー容量が35.5kWhに抑えた。1回フル充電あたりの航続距離は約200kmで、主に近距離移動での活用を想定する。「RX-8」で採用した観音開きドア「フリースタイルドア」を採用し、デザイン性と居住性の両立を図った。ロードスターの欧州名である「MX」を車名に使ったのは「新しい価値の創造に挑戦するクルマ」(丸本社長)として冠した。

欧州での販売価格は3万3990ユーロ(約410万円)から。日本市場にも投入する計画。

マツダは、航続距離を伸ばすため、発電機であるレンジエクステンダーにロータリーエンジンを使ったEVを2020年に市場投入する予定だったがロータリーエンジンをシリーズ・ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった電動車両に全面展開する方針に転換した。レンジエクステンダー搭載のEVの投入は遅れる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します