現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フリード/フリード+をマイナーチェンジ クロスオーバースタイルのモデルを追加

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは10月18日、コンパクトミニバン「フリード/フリード+」をマイナーチェンジするとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を追加しして同日から販売開始したと発表した。

今回のマイナーチェンジでは、先進運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備とし、新たに後方誤発進抑制機能を追加した。フロントまわりはフード、グリル、バンパーやロアグリルの形状を変更、アルミホイールのブラック部分をダークグレーに変更した。

    連載 明日のダイハツへ D-AS計画の国内抜本改革 (1) 愛と底力 常に将来ビジョンを持って進む メーカー販社と業販店 価値観を共有、自ら考え行動 

内装は、木目調パネルに落ち着きのあるウォールナットのデザインを新たに採用。シート表皮も刷新した。(日刊自動車新聞)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン