現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 〈三菱eKカスタム/eKスペース〉推奨はターボ。次期型にも期待大【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.12

〈三菱eKカスタム/eKスペース〉推奨はターボ。次期型にも期待大【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・月間販売台数 976台(19年1月~6月平均値)・現行型発表 14年2月(一部改良 18年5月)・JC08モード燃費 22.2 km/ℓ ※「T」系のFF車REPORT●山本晋也(YAMAMOTO Shinya) PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)MODEL●藤木由貴(FUJIKI Yuki)※本記事は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

■カスタムT Safety PLUS Edition(特別仕様車)
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1775
室内長×室内幅×室内高(mm) 2235×1320×1400
ホイールベース(mm) 2430
トレッド(mm) 前/後 1300/1290
車両重量(kg) 960
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 659
最高出力(kW[㎰]/rpm) 47[64]/6000
最大トルク(Nm[kgm]/rpm) 98[10.0]/3000
燃料タンク容量(ℓ) 30(レギュラー)
トランスミッション形式 CVT
駆動方式 FF
タイヤ・サイズ 165/55R15
最小回転半径(m) 4.7
JC08モード燃費(km/ℓ) 22.2
車両本体価格 187万560円

    〈日産デイズルークス ハイウェイスター/デイズルークス〉多彩な装備で存在感を放つ!【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】

乗降性

実際に乗り込むと数値よりステップは高く感じるが、頭上スペースに余裕があるため、乗降性に難を感じない。後席は座面の高さが気になるが、Bピラーにアシストグリップがあり、小柄なパッセンジャーでも軽々と乗り込める。

先進安全装備

撮影車両データ

ボディカラー:ホワイトパール/ブラックマイカ
オプション装備:特別塗装色(7万5600円)/フロアマット〈デラックス〉(2万649円)/ETC車載器(2万4451円)/ドライブレコーダー(3万7929円)

ボディカラー

インパネ

前席

フロントはベンチシートタイプで、運転席の方が助手席より大きめだ。クッション性も高く感じる。ダイヤル式のシートリフターとステアリングのチルト機構を備えたことによりポジションは調整しやすい。

後席

後席は左右独立で最大260mmのスライドが可能。最前位置まで動かしても膝まわりの余裕は十分に確保されている。ダイブダウンで格納するタイプだが、その影響もあってかシートバックが小ぶりな印象を受ける。

ラゲッジルーム

後席のスライドによりラゲッジスペースのサイズを調整しやすいが、フロア部分にレールが残ってしまう(レール後端までの奥行きは390mm)ので、大きな箱などを積む時には注意が必要だろう。また、後席をフラットに格納する際には、あらかじめ最後端にスライドしておく必要があることも覚えておきたい。

うれしい装備

シートアレンジ

後席を格納するとフラットなラゲッジフロアが現れることもあり長尺物が積みやすい。ただし、助手席を前にスライドさせると足元が厳しいので、場合によっては助手席に座るのは難しいこともあるだろう。ライバルに比べ、開口高が高いため重い荷物の積載性は不利だ。

オレンジアクセントが映える「アクティブギア」

バイヤーズガイド

eKスペースはデイズルークスと違って、標準車にも動力性能に余裕があるターボの「Tセーフティパッケージ」を設定する。価格は自然吸気エンジンの「G セーフティパッケージ」に比べて10 万5840円高いが、アルミホイールやクルーズコントロールも加わる。そうなると実質6万円前後でターボが装着されるから、「Tセーフティパッケージ」が買い得だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan ニューモデル速報)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • h_m*****|2019/10/12 03:20

    違反報告

    新型ek Xスペースはオリンピックイヤーに、ek Xの親戚として再生されN-BOXに挑むわけです。
    広い車内でアクロバット逆立ちをする竹内涼真くんのCMが見られます。
  • jin*****|2019/10/12 02:07

    違反報告

    「三菱eKカスタム/eKスペース」は、次期モデルが今度の東京モーターショーで公開予定になっているが、「カスタムスペース」はクロスオーバー風になると見られている。
    普通のスーパーハイト系の方が好みなら、現行タイプは装備が充実している割には、競合車より元々標準価格が抑えられているので、値引き拡大も含め狙い目になると思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します