現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン570S クーペ&スパイダー専用、ハイダウンフォースキット発売

ここから本文です
ニューモデル 2019.6.6

マクラーレン570S クーペ&スパイダー専用、ハイダウンフォースキット発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

75kgものダウンフォース増加を実現

マクラーレン・オートモーティブのビスポーク部門「マクラーレン・スペシャル・オペレーション(MSO)」は、スポーツ・シリーズのオーナーに対応する「ハイダウンフォースキット(HDK)」を発表した。このキットは外観をスポーティにアップデートするだけでなく、エアロダイナミクスレベルも大幅に向上するという。

    マクラーレン570S クーペ&スパイダー専用、ハイダウンフォースキット発売

今回発表されたのは、「570S クーペ」と「570S スパイダー」専用に設計された「リヤウイング」と「アンダーフロアガイドベーン」。これらを組み合わせることで、リヤへと流れるエアフローを最適化し、空力バランスが大幅に進化。75kgものダウンフォースの増加を実現しており、特に高速コーナーにおける安定性が向上する。

既存のオーナーのためのアップグレードキット

マクラーレン・オートモーティブのグローバル・アフターセールス・ディレクターを務める、カール・ウィップは今回の「HDK」発売に関して、以下のようにコメントした。

「最新かつ最高のデザインとテクノロジーを、新車購入者だけでなく、すでにマクラーレンを所有しているオーナーにも提供できる機会を探していました。MSOによって新たに開発された今回のハイダウンフォースキットは、この方針を具体化したものです。エクステリアの強化だけでなく、ドライビングダイナミクスに関しても、大幅なパフォーマンスアップをお約束します」

ベースモデルとの完璧なマッチングを実現

軽量カーボンファイバー製リヤウイングは、ベースモデルのリヤセクションと完全なマッチングを図っただけでなく、空力効果を最大限得るためにシミュレーションを繰り返し、開発が行われた。その結果、中央部に凹形状を持ったメインウイングが採用されている。

ふたつのアルミ製パイロンがメインウイングを支え、ステー部には視覚効果を向上させる「ハイマントストップランプ」の配線が組み込まれている。また、エンドプレートはラッカートップコートの下にシルバーで“MSO”のロゴが入れられている。

「HDK」の価格は、英国において7950ポンド(約110万円)、マクラーレン正規ディーラーのみでの販売となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します