現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ初の市販ミッドシップ「914」、50周年イベントでレアモデルを公開

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Porsche 914

ポルシェ 914

    ポルシェ初の市販ミッドシップ「914」、50周年イベントでレアモデルを公開

当時の開発陣が参加するパネルディスカッションを開催

初のドイツ製市販ミッドシップスポーツカー「ポルシェ914」が1969年の発売から50周年を迎える。

ポルシェ・ミュージアムは、6月2日に行われるティピカリー・ポルシェ・デイ(Typically Porsche Day)内で、「914」デビュー50周年を祝うスペシャルイベント“50 Years of the 914”を開催する。そしてこのイベントに120名の「914」オーナーを招待した。(GENROQ Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • c40*****|2019/05/24 19:04

    違反報告

    スーパーカーブーム当時、「にせポルシェ」「エセ911」とか言われてた。「ワーゲンポルシェ」とも言われる914、まだまだガキのオレたちには「911ぽい安物」と見られてた。後にエンジン配置が911とは全然違うことに気づき、前後して新ボクスターが発表されたこともあって、急に好きになった。と言っても買えるワケじゃないけどw
    ちなみにブーム当時、「117クーペ」も「にせ911」とか言われてたw(だって似てるじゃんw)あと「スバル360」も「にせワーゲン(ビートル)」と呼ばれてた。今じゃ旧ビートルよりも希少なサブロク、けなしてごめんねw
  • k_k*****|2019/05/24 22:13

    違反報告

    脱力系デザインとカラーリングの
    ミッドシップオープン

    光岡からマツダロードスターをベースで
    売り出したら爺いだけじゃなく
    若い人も興味を持ちそうだけどね。
  • rak*****|2019/05/24 21:55

    違反報告

    ドアのキャラクターラインを境に、上下で面構成を変える手法や、テールエンドの台形切り落としに、『シルビア(初代)』にも通じる、ゲルツお得意の「クリスプカット」の片鱗が見て取れますね。

    (・・・・・といって、『シルビア』のオリジナルデザインは、あくまで木村一男氏の発想からであり、当時日産のデザイン顧問として雇われていたゲルツは、この車に対して、より直線的でシャープなラインをアドバイスしたに過ぎないというのが近年の定説なんで、関係ないっちゃ関係ないかもしれませんが?!)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン