現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレーCEO 「EVの普及には、さらなる補助金を」 英政府に進言

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.17

ベントレーCEO 「EVの普及には、さらなる補助金を」 英政府に進言

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

補助金 決定的な措置になる

ベントレーのエイドリアン・ホールマークCEOは、英国政府と規制当局に対し、電気自動車の販売を推進したいのであれば、より明確で決定的な声明を出すように求めている。

    ベントレー・フライングスパーの中古車 英国では300万円以下 維持費やメンテは

ホールマークは “FTフューチャー・オブ・ザ・カー・サミット” で演説し、過去における最も重大なディーゼルの成長は、政府が税金を補助金として投入し、人々にCO2排出量の少ないディーゼル・エンジンを選ぶように促した効果が大きいと強調した。

「ディーゼルは15~20年前に1つの解決策として脚光を浴びました。この時、購買者にとって補助金は、明快でシンプル、そして経済的な利点となりました」とホールマークは語った。

「最も重要なのは、それが決定的な措置となったことです。もし、人々に電気自動車を購入させたいのであれば、同じことをする必要があります」

英国政府は、CO2排出量が50g/km以下のクルマと、排ガスを出さずに70マイル以上の距離を走行可能なクルマに、3500ポンド(49万円)の補助金を支給している。同様に商用バンには8000ポンド(112万円)の補助金を支給。また、自宅に電気自動車用の充電設備を設置する場合は、その取り付け費用に対し500ポンド(7万円)の補助金を用意している。

しかし、英国で電気自動車の普及を促進させるためには、さらなる補助金が必要であるとホールマークは考えている。

すべての家に、充電設備を

「他の国々では、充電設備が標準化しています。新たに建築されるすべての家に充電設備があり、スマート・チャージング・ソリューションが確立されています。政府がそれを推進し、統合することを目指しているのです」

「英国では、テスラのオーナーでもなければ自宅に充電設備を持っていません。電気自動車を充電するためには生活に面倒な手間を要する懸念があります」

「円滑に電気自動車の普及を推進するためには、一致協力して努力することが求められます」

ベントレーは昨年、ベンテイガのプラグインハイブリッドを欧州で発売した。また、同社の開発責任者であるヴェルナー・ティーツは先日、ベントレーが将来の電気自動車に代わる可能性として、水素燃料電池に投資しているとAUTOCARに語っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します