現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジ。「プロパイロット」を軽で初採用。エンジンとCVTも新開発

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.28

日産、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジ。「プロパイロット」を軽で初採用。エンジンとCVTも新開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は28日、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジし、同日発売した。

軽乗用車の主流であるトールワゴンに日産が送り込むデイズ。販売台数でコンスタントに上位をキープしてきた人気車種の新型が、6年ぶりにフルモデルチェンジした。今回の全面改良ではデザインを一新したほか、アクセル・ブレーキ・ステアリング支援を行う「プロパイロット」を搭載したのがビッグニュース。軽乗用車での採用は初となる。

    日産デイズ試乗 性能も見栄え品質もこれまでの軽の枠を超えてきた

「プロパイロット」は、高速道路の渋滞や長時間の巡行走行というドライバーにとって負担が大きいシーンで、クルマがアクセル・ブレーキ・ステアリング支援を行うシステム。渋滞時は前方車との車間距離を一定に保って走行するほか、停止中も停止渋滞を維持する制御を行う。さらに車線内を走行するようにステアリング支援を行う。

また、先進事故自動通報システム「SOSコール」を軽乗用車として初搭載する。SOSコールは、交通事故や急病など緊急時や事故の危険がある場合などに、オペレーターにデータ通信や音声通話を行う機能。事故でエアバッグが作動した際に自動的に通報する方法と、SOSコールスイッチによる手動通報が可能。オペレーターが車両から得た情報をもとに消防指令センターや警察に連絡し、緊急車両の手配などのサポートを行う。

新型デイズは、エンジンとCVTが新開発されたほか、新たにリチウムイオン電池を備えたスマートシンプルハイブリッド搭載車をハイウェイスターグレードに用意する。このシステムは、小型モーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、同等の出力を維持したままエネルギー回生量を約2倍にアップしている。これによりブレーキで蓄えたエネルギーを効率よく利用することが可能になる。

このほか新型デイズは、新設計プラットフォームの採用により、軽自動車の限られたスペースの中でキャビンとラゲッジルームの最大限の活用が図られている。結果、後席では大人が足を組んでもゆったりできるスペースを確保するとともに、後席を一番後ろに下げた状態でも385mmの荷室長を確保した。

さらに乗り心地の向上や運転のしやすさといった基本性能の向上を図り、軽自動車でありながら一歩先まで出かけたくなる乗り味を実現したとのこと。

ラインアップは2WDと4WD、標準タイプとハイウェイスターグレードを用意。価格は、127万3320円から177万8760円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します