現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディの2018年「厳しい1年」 2019年の戦略は? 新車投入も積極的

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.18

アウディの2018年「厳しい1年」 2019年の戦略は? 新車投入も積極的

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー アウディの2018年 「厳しい1年」
ー 2019年 アウディはどうする?
ー ニューモデルの投入、次々と予定

    ポルシェ 営業利益/売上/販売台数/従業員数、新記録 電動化を強調

アウディの2018年 「厳しい1年」

自動車業界における大きな変革の波を背景に、アウディは、的を絞った新しい戦略を採用することで、その能力を最大限に発揮することを目指しているという。

アウディは2018年の業績を発表。特別項目計上前営業利益は、主にWLTPへの移行による影響を受けて、47億ユーロだった。

営業利益率は7.9%で、「目標とする範囲には届きませんでした」と、アウディは説明する。ディーゼル問題による12億ユーロの特別損失を含めると、営業利益は35億ユーロ、営業利益率は6.0%となる。

アウディAG取締役会会長のブラム・ショットは、次のように述べる。「わたしたちは、弊社の業績に満足していません。アウディは、優れた製品を市場に提供していますが、昨年の事業年度において、わたしたちは究極の試練とも言えるWLTPへの切り替えに上手く対応することができませんでした」

2018年におけるアウディブランドの販売台数は、前年比3.5%減となる181万2485台(2017年:187万8105台)。特にヨーロッパでは、WLTPテストサイクルの最初の段階への移行により、製品の供給が制限され、大幅な減少となった。

特別項目計上前営業利益率は7.9%で(2017年:8.5%)、以前の長期目標値である8~10%には届かず。2018年にアウディは、ディーゼル問題に起因する11億7600万ユーロの特別損失を計上した(2017年:3億8700万ユーロ)。

これには、ミュンヘンII検察当局による法的拘束力のある行政命令による8億ユーロの罰金に加え、車両の技術的な対策費、お客様へのご対応、そのほか法的なリスクに対応するための費用及び引当金が反映されている。

2018年における、これらの特別項目計上後の営業利益は35億2900万ユーロで(2017年:46億7100万ユーロ)、営業利益率は6.0%だった(2017年:7.8%)。

2019年 アウディはどうする?

2019年の最初の数カ月間、アウディはWLTPへの移行によって生じた供給不足を解消することに全力を挙げ、販売環境を改善する。

2019年中には、WLTPへの移行に伴って2018年に増加した在庫を削減する予定。例えば、アウディは、近い将来に型式認証を予定しているエンジン/トランスミッションのバリエーションの生産を徐々に再開し始めた。

これによって、型式認証を正式に取得した後に、すみやかに顧客に車両をお届けできるようになる。必要な認証を取得したら、これらの車両は供給開始される。

さらにアウディは、WLTPテストサイクルの次の段階に向けた集中的な準備を進めている。2019年9月1日に発効する予定のテストサイクルでは、すべての車両にさらに厳しい法的要件が課せられる。

アウディは、テストの実施をより管理しやすくするために、技術試験ベンチの能力を約30%増加し、認証及びパワートレイン開発に対応するため、テクニカル部門の従業員を約300人増やした。

さらにアウディは、複雑さを軽減する最初のステップとして、市場のニーズに再検討する形で、車両ポートフォリオにおけるエンジン/トランスミッションの組み合わせを約30%削減した。

ニューモデルの投入、次々と予定

アウディは、今年もまた、ニューモデルの投入を次々と予定している。

2019年は、再び20以上のニューモデル、またはマイナーチェンジモデルを発表する予定。アウディは、スポーティなブランドイメージをさらに高めるため、新しいSモデルを9車種、特にパワフルなR及びRSモデルを4車種発表する。

数多くのニューモデルを開発するためには、高額の立ち上げコストが必要になります。電動化イニシアチブの枠組みの中で、新型アウディeトロンに続き、量産型eトロン・スポーツバックが初公開される。

2019年には、中国専用モデルとして、電気自動車のQ2 L eトロンが発売される。さらに、今年のニューモデルには、6つのプラグインハイブリッドモデルも含まれている。

2020年末までに、アウディはすべてのセグメントをカバーする合計12の電動化モデルを発売する予定。アウディは、2019年に未来のeモビリティやその他の分野のために、巨額の先行投資を実施する予定だという。

「自動車業界が直面している課題は、おそらく、これまでにないくらい広範囲に及んでいます。競合他社も、広範囲にわたる対策でこれに対処しています」

「その上で、アウディは、それらの問題を解決するための独自の企業構造を備えています。したがって、わたしたちは今、断固たる決意を持って行動し、長期的な競争力を確保するために、多くの分野で再編を実施しなければなりません」アウディAG取締役会会長のブラム・ショットと述べた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zap*****|2019/03/18 19:08

    違反報告

    聞けば退職されている方もチラホラ、近所のアウディは売り場縮小してました。

    TTRS、RS3も廃盤になりましたし新しいQ5、特にQ7が振るわない。

    新型A7、A6も不評に終わりそうですし、完全に行き先を見失ってると思われます。
    更に日本では高価設定が裏目に出て売り上げ7位まで下がっています。
  • dom*****|2019/03/19 14:28

    違反報告

    誰が買うの こんな負けメーカー
    特に自営業に人には印象が滅法悪いよね、負けメーカー買うは無いでしょーーー

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します