現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型BMW X5(日本仕様) リバース・アシスト搭載 サイズ/内装/装備/価格は?

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.8

新型BMW X5(日本仕様) リバース・アシスト搭載 サイズ/内装/装備/価格は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 新型BMW X5 サイズ拡大
ー 3ℓディーゼルのみ 内装は?
ー 装備/日本価格

    『新型BMW X5』すべての画像をみる

新型BMW X5 サイズ拡大

BMWでは「スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)」と謳う、プレミアムSUVのパイオニアといえるBMW X5が4代目に進化して日本でも販売開始された。まずは265ps を発揮する3ℓ直列6気筒ディーゼル・ターボ・エンジンを搭載した X5 xドライブ35dとMスポーツ仕様の2グレードが用意された。

この新型X5は2018年9月に開かれたパリ・モーターショーでデビューしたもので、初代モデルからのコンセプトを継承しながらBMWらしい高い走行性能を確保し、実用性も兼ね備えるSUVモデルである。

先代に較べ全長で25mm、全幅が65mm、全高は10mm、ホイールベースが40mm拡大され、ゆとりある室内スペースを確保しながら、低重心を強調する存在感あるシルエットをまとう。

また、先代モデル(F15型)に比べて、フロント部分の骨格に高張力鋼板を多用することにより、強度を高めながら約15.5kgの軽量化を実現している。

基本的には先代のイメージを受け継ぐが、くっきりとした面構成とラインによるたくましさ、エレガントさ、力強さを強調。最近のBMWのデザイン・トレンドとなりつつある一体型フレームで縁取られた大型キドニーグリルを装備し、アグレッシブな印象を与えるとともに新世代のモデルであることを主張。

ボディサイドを流れるキャラクターラインは、リアドアから上方にキックアップさせることによりリア・ホイール/タイヤを強調し、後輪駆動にこだわるBMWの伝統と高い走行性能を象徴する造形とされている。

3ℓディーゼル 内装は?

先代では3ℓガソリン・ターボと3ℓディーゼル・ターボ、2ℓガソリン・ターボ+ハイブリッド、4.4ℓガソリン・ターボと4種のエンジン展開だったが、新型X5では3ℓDOHC直列6気筒ディーゼル・ターボ・エンジンのみが用意される。

新型X5にはBMWの新しい表示・操作システム「BMW Operating System 7.0」を導入し、12.3インチのフル・デジタル・メーターパネルとカスタマイズができる10.25インチのコントロール・ディスプレイを装備する。

12.3インチのフル・デジタル・メーターパネルは、速度計と回転計の間にあるディスプレイの中央にナビの一部などを表示でき、レヴカウンターの中央部分には様々な情報を表示させることもできる。

コントロール・ディスプレイは、ステアリングホイールに配されたボタン/セレクターや、センターコンソールに置かれた「iドライブ・コントローラー」、ディスプレイはタッチ操作に対応するとともに、音声コントロールおよびジェスチャーコントロールにより、必要な情報や操作をストレスなく行うことが可能だ。

装備/日本価格

1秒間に2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーと、高性能3眼カメラを搭載し、より正確かつ迅速な危険予測が可能な最先端の運転支援システムを標準で装備する。

機能としてはアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロス・トラフィック・ウォーニングを装備する。

また先頃登場した新型3シリーズにも採用されているリバース・アシスト機能が採用され、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能だ。大柄な新型BMW X5だけに、迷い込んだ袋小路などでとくに利便性を発揮しよう。

今回導入されたのは3ℓDOHC直列6気筒ディーゼル・ターボ・エンジンを積むX5 xドライブ35dを基本に、バリエーションとしてX5 xドライブ35d Mスポーツが用意される。

BMW X5 xドライブ35dスタンダード:920万円
BMW X5 xドライブ35d Mスポーツ:999万円

BMW X5 xドライブ35d 主要諸元

価格:920万円
パワートレイン:直6DOHCディーゼル・ターボ
ステアリング:右
全長:4935mm
全幅:2005mm
全高:1770mm
ホイールベース:2975mm
トレッド(前/後):1680/1700mm
車両重量:2190kg
最高出力:265ps/4000rpm
最大トルク:63.2kg-m/2000-2500rpm
燃料タンク容量:85ℓ
公表燃費:14.4km/ℓ(JC08モード)
最小回転半径:5.9m
サスペンション(前):ダブル・ウイッシュボーン+コイル・スプリング
サスペンション(後):マルチリンク+コイル・スプリング
タイヤ:265/50R19

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します