現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 本格的オフローダーの両雄、メルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラーをサイズ比較!

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.27

本格的オフローダーの両雄、メルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラーをサイズ比較!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今のSUVブーム以前から存在し、デビュー当初からほとんど変わらない姿を保ち続けるオフロードモデルは、本当に希少な存在だ。その点において、メルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラーは、異彩を放っている。その両者が2018年に新型へとスイッチ。もちろん基本的なフォルムや設計思想は受け継がれ、ファンの期待に見事に応えてくれた。

 その差額が約1000万円にもなるメルセデス・ベンツGクラスとジープ・ラングラー。Gクラスの場合はG550で1593万円、対してラングラーは2ドアモデルで459万円、4ドアのアンリミテッドでさえ494万円~という価格設定なので、この両者を比較検討する人はあまりいないかもしれない。
 しかし、巷にあふれるオフロード走行を前提としないSUVモデルとは異なり、いずれも本格的オフロードモデルとして開発され、世界で愛用されてきた歴史を持つ点では、唯一無二のライバルと言える。そこで、今回はこの2モデルのサイズを比較し、違いを明らかにしていく。

    【簡易キャンパーで遊ぼう!】トヨタ・ハイエース〈DIRECT CARS/ボンド・ポップアップルーフ〉

メルセデス・ベンツ G550 全長×全幅×全高:4660×1930×1975mm ホイールベース:2890mm

ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ 全長×全幅×全高:4870×1895×1840mm ホイールベース:3010mm

 いずれもホイールベースを長く確保し、高い全高を備えるという点では共通しており、道なき道を進むためのフォルムであることは間違いない。
 その中で、Gクラスの方がやや全長が短く、全高が高く設計されている。乗車にはステップが必須となる高さなのは両者共通だが、ラングラーの方がやや乗り降りは楽かもしれない。

メルセデス・ベンツ G550 全幅:1930mm トレッド:フロント1620/リヤ1620mm

ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ 全幅:1895mm トレッド:フロント1600/リヤ1600mm

 どちらも正面から見ると、真四角に近いフォルム。全幅はいずれも1900mm前後とワイドだが、着座位置が高い上に車幅感覚がつかみやすい角ばったフォルムであるため、意外と運転はしやすいはず。
 また、ワイドなタイヤを履くために車体の外へ張り出したホイールハウスが備えられ、本格オフローダーであることを感じさせる。

メルセデス・ベンツ G550 最小回転半径:6.3m

ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ 最小回転半径:6.2m

 全長が短いGクラスが6.3m、長いラングラーが6.2mということで、取り回し性能に大きな違いはない。いずれのモデルもオフロード走行を前提としているため、街中での取り回しには苦労するかもしれない。

メルセデス・ベンツ G550 荷室容量:667~1941ℓ

ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ 荷室容量:548~1059ℓ

 数値上は、後席使用状態でも格納状態でもGクラスの方がラゲッジ容量は上回るが、両者ともに広大なラゲッジスペースを有することに変わりはない。また、ラングラーは天井などのパーツが取り外せるため、フレキシブルな使い方ができるのも魅力だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 古川裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します