現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ディスカバリー・スポーツ 2019年夏大幅アップデート 巻返し図れるか

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.14

ディスカバリー・スポーツ 2019年夏大幅アップデート 巻返し図れるか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ランドローバー再生計画
ー 内外ともに刷新される新モデル
ー マイルドハイブリッドやPHVモデルも用意

    DS7クロスバックに「Eテンス」 PHEV投入、ボルボXC60 T8に挑む

ランドローバー再生計画

ディスカバリー・スポーツはジャガー・ランドローバー(JLR)の最も売れている車種で、まさに社の命運が掛かっている1台と言える。昨年、ランドローバーの売り上げは2017年比で6.9%も落ち込み、今月頭には4500人がリストラされたとJLRが発表した。

ランドローバーが今年起死回生を図るために投入する3つのモデルの1つがこのディスカバリー・スポーツだ。

昨年発表された新型イヴォークは今年4月に販売が開始され、改良版ディスカバリー・スポーツも今年の10月に販売が開始されると見られる。3つ目は今年の秋に発表が予定されている新型ディフェンダーで、2020年に販売が始まる予定。

フリーランダーを置き換えたディスカバリー・スポーツは2014年に販売が始まって以来、マイナーチェンジを繰り返しながら販売されてきた。

今年予定されているアップデートは今までのものよりも大規模で、最低でも完全な新型が登場する2023年までは延命できるようになると見られる。

内外ともに刷新される新モデル

新たなアーキテクチャと刷新されたインテリアが今回のアップデートの鍵だ。エクステリアは現行のものに少し手を加え、バンパーとヘッドライトを変更した軽微なものになるだろう。

現行モデルはD8プラットフォームを採用しているが、アップデートとともに新型イヴォークのベースにもなっているプレミアム・トランスヴァース・アーキテクチャが採用されるだろう。

新たなプラットフォームを採用することで、電動化への移行やより広い室内空間確保が実現できる。

インテリアは第2世代目のイヴォークと似たものになるだろう。現行のモデルの内装も登場から2年が経っており、他のランドローバーのモデルと同等の、消費者に訴えかけられるような新しい内装と装備が必要になってきている。

内装の素材にはこれまでのレザーを置き換える、環境に配慮した新しい素材が用意されると見られる。プラスチック製のものも今までよりも質感が向上したものが使われるとのこと。

センターコンソールにある2つのタッチパネルで構成される同社の先進的なインフォテインメントシステム、タッチ・プロ・デュオも設定される。

その他車載技術として、複数のUSBポートや4G Wi-Fiホットスポット、OTA(Over the Air)技術を用いたカーナビ用ソフトウェアやアプリケーションのアップデート機能なども用意される。

マイルドハイブリッドやPHVモデルも用意

すべてのモデルではないが、ディーゼルとガソリンの両仕様にも新型イヴォークのように48Vマイルドハイブリッドを搭載したモデルが用意される。

JLRのウルヴァーハンプトン工場で生産されている2.0ℓインジニウムエンジンはベルト駆動の一体型スターター・ジェネレーターを用いており、これにより燃費を最大6%まで向上させることが可能とランドローバーは主張する。

ディスカバリー・スポーツのEV仕様はまだ計画されていないが、新開発の3気筒ガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデルは来年に登場するとみられる。電動航続距離は最大約80kmとなり、駆動方式は従来通り2輪駆動と4輪駆動が選択可能。

クリアサイト・グラウンド・ビューもイヴォークに搭載された技術で、ディスカバリー・スポーツにも搭載される見込みだ。この技術はフロントの死角のみならず、車体下部も複数のカメラを用いてタッチスクリーンに映像が表示される。

この技術によってまさにボンネットの下が見えるようになり、オフロードや道路脇に駐車する際の補助にもなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します