現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 衰え知らずの弾ける個性「日産ジューク」〈ひと目でわかる人気車種のすべて〉

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.2

衰え知らずの弾ける個性「日産ジューク」〈ひと目でわかる人気車種のすべて〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年のデビュー時はもちろん、現在でも人目を引くルックスの奇抜さは健在。外観の変化は少ないが、中身はアップデートされており、とくに安全装備はフロントカメラで前走車と歩行者を検知する最新式。よりアグレッシブな見た目と走りの「NISMO」の設定もあり。TEXT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo/写真解説)PHOTO●中野幸次(NAKANO Koji)

15RX Vセレクション パーソナライゼーション
全長×全幅×全高(mm):4135×1765×1565
室内長×室内幅×室内高(mm):1835×1470×1215
ホイールベース(mm):2530
トレッド(mm)前/後:1525/1525
車両重量(kg):1200
エンジン種類:直列4気筒DOHC
総排気量(cc):1498
最高出力(kW[㎰]/rpm):84[114]/6000
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):150[15.3]/4000
燃料タンク容量(ℓ):52(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:215/55R17
最小回転半径(m):5.3
JC08モード燃費(km/ℓ):18.0
車両本体価格:211万2480円
月間登録台数:351台(18年3月~18年8月平均値)
現行型発表:10年6月(グレード追加 18年8月)

    メルセデス・ベンツが新型Vクラスを発表! 新開発ディーゼル・エンジン+9速ATの搭載で、燃費性能は先代比で13%向上!!

テールゲートが大きく傾斜しているため、荷室の天地高は少し狭め。ただし、フロアの奥行きは十分に広く、FF車は大型アンダーボックスも装備する。後席は6対4分割可倒機構を備えるため、日常生活で不便を強いられるシーンは、そう多くはないだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します