現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 大画面の彩速ナビ「タイプM」新型 HDハイビジョン対応 3月発売へ

ここから本文です
ニューモデル 2019.1.10

大画面の彩速ナビ「タイプM」新型 HDハイビジョン対応 3月発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彩速ナビがハイビジョン画質に

JVCケンウッドが、KENWOODブランドから「HD化」(ハイビジョン化)をキーワードにした2019年型の彩速ナビ「TYPE M」を発表した。

    『彩速ナビ「タイプM」新型』すべての画像をみる

3月上旬に新発売される「MDV-M906HDL」は、大画面9V型のHDパネル(1280×720)を “彩速ナビ” として初搭載。従来比で約2.4倍の高解像度といえば、その違いが想像できるだろう。

地デジ放送やマップに加え、操作画面まで、これまでにない緻密で滑らかなHD画質の映像を表示することができる。

実機を触ってみて感心したのが、液晶のHD化に合わせて、操作系を新しいユーザーインターフェースに変えたこと。「HDオーガニックGUI」と名付けられている。

HDオーガニックGUI 指先でサイズ変更

具体的には、HD高精細のナビ画面上に、別の情報を表示する2つの子画面が重なっているのだ。

・左上:ドライビング情報(制限速度/目的地の天気など)
・左下:AV表示(地デジ放送/DVD/ステレオなど)

写真のように2つの子画面は透過表示(地デジ放送/DVD再生時は除く)されており、ナビのマップ画面を見たい時でも邪魔にならないのが特徴である。

さらに、指先ひとつで子画面のサイズを引き伸ばすことも、小さくすることも可能。これだけの描画を実現しながら、彩速ナビの持ち味である高速レスポンスが健在であるのも頼もしい。

HDスマート連携とは?

映像のHD化に加えて、彩速ナビの強みであるハイレゾ再生についても新機能が追加されている。「DSD」をはじめ「FLAC、WAV(192kHz/24bit)」など様々なハイレゾ音源フォーマットの再生だけでなく、高音質フォーマットの「MQA」にも対応した。

また、本機とハイレゾ対応デバイスをBluetooth接続/転送する高音質コーデック「LDAC」に対応。ワイヤレスでもハイレゾ音源相当の高音質サウンドを車内で楽しむことができる。

今回の新型「タイプM」の発表にあわせ、HD対応のリアビューカメラ(オプション)が3月に販売開始されることも明かされた。これで、後方確認の映像をHD画質で鮮明に映すことが可能となる。さらには、HD画質のドライブレコーダー/HD画質のリアモニターも現在開発中。

つまり、新型「タイプM」を核にして、

・HDドライブレコーダー
・HDリアカメラ
・HDリアモニター
・ハイレゾスピーカー

をつなげた「HDスマート連携」が、近いうちに彩速ナビで実現されるということだ。

MDV-M906HDLの価格はオープン。発売は3月上旬だ。市場想定価格は14万円と発表されている。

なお、ヴォクシー、ノア、プリウス、C-HR、ハリアーといった9インチ開口のあるトヨタ車であればフラットに装着ができるので、ユーザーの方は覚えておきたい。

本機は明日1月11日から開催される東京オートサロンに展示されるので、実機に触れてみたい方はKENWOODブースを訪れてみよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します