現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > シェルビー・アメリカン社長 一問一答 若者への訴求、将来について

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.27

シェルビー・アメリカン社長 一問一答 若者への訴求、将来について

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 英国での事業計画 シェルビーの特徴
ー 若年層へのアピール シェルビーの将来

    現代に復活した名車たち 前編

英国での事業計画 シェルビーの特徴

――今後の英国での事業計画は?

「まだまだ商機は見こんでいます。シェルビーという名前に心躍るひとびとも多いお国柄ですからね」

「マスタング・ブリットも好評でむかえられましたし、V8スペシャリティカーとしてのマスタングには根強い支持がありますね」

――いまのシェルビー車の特徴は?

「バランスのとれた高性能、つまり直線加速とハンドリングそしてブレーキングの高次元での調和ですね」

「また2007年のマスタング・スーパースネークから、特徴的なフロントマスク/ボンネット/ホイール/ボディストライプなどでシェルビーの性格をアピールしてきました。50m離れていてもシェルビーだと、おわかりいただけると思います」

「ラウシュとかサリーンなど、マスタングを扱うチューナーはたくさんありますが、われわれのクルマはたんにボディにステッカーを貼ったり大穴をあけただけではなくて、中味もひじょうに濃いことを広く知っていただきたいですね」

若年層へのアピール シェルビーの将来

――若年層へのアピールと伝統とのすり合わせについては?

「わたしははじめて買ったビッグブロックV8の69年式マスタング・マッハ1をいまでも持っていますが、うちの子どもたちは見むきもしません」

「若いひとにもシェルビーの歴史について知ってもらい、古きも新しきも受けいれていただくことが大事だとおもっています」

「10年前は、シェルビーをお求めになるお客さまにはすでにヴィンテージ・シェルビーをお持ちのかたがけっこうおられました」

「でもその後は、はじめてのシェルビーとして若いお客さまがお求めになることも増えてきました。そこからシェルビーの伝統と歴史を感じ学ばれて古いモデルに手を伸ばされることもあるのです。逆転現象ですね」

――シェルビーの将来は?

「キャロルは生前よく『わたしはキャロル・シェルビーなんだ。性能がすべてだ』と言っていました。『クルマ』ではなく『性能』という表現なのはさすがだと思います」

「世界ではじめての高性能ピックアップ、1989年のダッジ・ダコタを生産に移したのも彼でした。顧客の志向を嗅ぎとって、トラックが現在の米国自動車生産の8割近くを占めることも見越していたんです」

「今のところSUVや電動のシェルビーをつくる計画はありませんが、先のことはわかりませんね。180°変わってもおかしくありません。性能追求の立場はかわりませんが、『性能』の定義がこの先も変わらない保証はないですからね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します