現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型トヨタ・プリウス(2019年型)、デザイン刷新 AWD-eシステムが鍵 LAショー 

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.28

改良新型トヨタ・プリウス(2019年型)、デザイン刷新 AWD-eシステムが鍵 LAショー 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25%がAWD-e車と試算

北米トヨタは、改良新型のプリウス(2019年モデル)を発表した。AWD-eシステムの搭載とスタイリングの変更が話題になっている。

    『改良新型トヨタ・プリウス』すべての画像をみる

トヨタは新型を、米国で手に入る最も燃費性能の高い乗用車と発表しており、プリウスのセールスのうち25%がAWD-eモデルになると見込んでいる。

プリウス専用となるこの四輪駆動システムは、オートマティック・オンデマンド式で、センターディファレンシャルを必要としない。マグネット-レスのリアモーターが、0km/h~9.7km/hまで後輪を駆動し、必要に応じ69km/hまでパワーを送るという。

ニッケル-メタル・ハイブリッド・バッテリー

低温下でも高い性能を発揮するニッケル-メタル・ハイブリッド(Ni-MH)小型バッテリーを搭載。これを後席下に収納することができたため、ラゲッジスペースは他のプリウスと同容量を維持。さらに、60:40分割可倒式リア・シートが提供されるという。なお前輪駆動モデルは、リチウムイオン・バッテリー仕様である。

パワートレインは、1.8ℓ直4ガソリン+2モーター/ジェネレーターという構成。0.24というCd値、オートマティック・グリルシャッターの効果により高い環境性能を実現する。

グレードは、Lエコ、LE、XLE、リミテッドを用意。このうちLE、XLEでAWD-eを選択することができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します