現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ PHEV追加へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.11

新型ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ PHEV追加へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ハイブリッドの追加がカギに
ー インテリアもより洗練か

    『ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ』すべての画像をみる

ハイブリッドの追加がカギに

大きく改良を受けるランドローバー・ディスカバリー・スポーツは、2019年前半に発表される見込みだ。プラットフォームのアップデートにより快適性が大幅に向上し、荷室容量を拡大するとともにリチウムイオンバッテリーの搭載スペースが確保される。

AUTOCARで7月に報じた通り、ランドローバーはフェイスリフト版ディスカバリー・スポーツの仕上げ段階に入っている。最新のスパイショットでは、来年の発売に向けて、すでに準備が整っていることがわかる。

ハイブリッド仕様の追加は、新型ディスカバリー・スポーツの重要なポイントだ。その詳細については明かされていないが、最上位グレードには新型3気筒インジニウムエンジンに電動モーターが組み合わされるようだ。

この300Vのプラグインハイブリッド仕様では、フロア下にリチウムイオンバッテリーが搭載される。そのCO2排出量は45g/kmだ。

より下位のマイルドハイブリッド仕様に電動ターボチャージャーやベルト駆動のスターター/ジェネレーターが搭載されるかは不明だ。しかし、ディーゼルへの風当たりが強い今、これらのモデルが鍵を握っていることは確かだ。

インテリアもより洗練か

車体構造は、ジャガー・ランドローバーの一員であるイヴォークと同様、プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー(PTA)を使用。これは現行のD8プラットフォームより明らかに剛性が上がっているという。

さらにボディのデザイン変更により、風切り音と空気抵抗を10%程度低減し、キャビンの洗練性を高めている。エンジンマウントやトランスミッションの変更により、スロットルのレスポンスが「40%改善」されたとのこと。

インテリアとエクステリアの詳細は不明だが、「汎用性、インテリジェンス、そして幅広い性能」というフレーズからは、よりたくましいエクステリアが想像できる。

ライバルのボルボXC60のような洗練されたモデルが成功を収めていることから、インテリアのクオリティやデザインが大幅に改善される可能性は否定できない。

2018年3月、XC60は世界で1万6227台販売された。対するディスカバリー・スポーツは1万4671台であった。しかし6月、XC60の売り上げは1万9534台まで成長。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します