現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル・インプレッサのメカニズムを徹底解説!

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.8

スバル・インプレッサのメカニズムを徹底解説!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 思い通りに真っ直ぐに走り、リニアな操舵応答性によってクラストップレベルの危険回避性能と快適な乗り心地の両立を実現した新型インプレッサ。定評ある設計技術をさらに進化させたボディにサウンドや振動特性を徹底的に見直した直噴エンジンや、ステップ制御を盛り込みレシオカバレッジを拡大した新リニアトロニックを組み合わせることでクラスの基準を再定義するに相応しい、高い走行性能が生まれた。

取り回し性を考慮したサイズ

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

セダンのパッケージング

インストゥルメントパネル

より広くなった後席空間

快適な座り心地が疲れを防ぐ

見たい部分がしっかり確認できる優れた視界

ゴルフバッグを真横に積める使い勝手に優れた荷室

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)

各部の剛性を大幅に高めた新たな骨格

高張力鋼板の使用部位

衝突エネルギーの伝達経路比較

剛性の連続性を向上

構造用接着剤の使用部位

骨格結合部の強化を重視した設計

センタートンネル周辺の構造

全車種の骨格をひとつの設計思想で実現

FB20型2.0ℓ水平対向4気筒エンジン

排気量(cc):1995
種類・シリンダー数:水平対向4気筒・縦置き
弁機構:DOHC 16バルブ
ボア×ストローク(mm):84.0×90.0
圧縮比:12.5
最高出力(kW[㎰]/rpm):113[154]/6000
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):196[20.0]/4000
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量(ℓ):50

ガス流動の変更による性能向上

ブロック各部の構造の見直し

直噴インジェクター

可変バルブタイミング機構

EGRクーラーの改良

FB16型1.6ℓ水平対向4気筒エンジン

排気量(cc):1599
種類・シリンダー数:水平対向4気筒・縦置き
弁機構:DOHC 16バルブ
ボア×ストローク(mm):78.8×82.0
圧縮比:11.0
最高出力(kW[㎰]/rpm):85[115]/6200
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):148[15.1]/3600
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量(ℓ):50

新型リニアトロニック

チェーン変更で変速比幅を拡大

新設定のEGRクーラー

トルクコンバーターの軽量化

フロントデフの構造変更

ダブルウイッシュボーン式リヤサスペンション

ストラット式フロントサスペンション

リヤスタビライザーの取り付け

フロントサスのブレース

アルミ製となったナックル

クイックなステアリングレシオ

ステアリング操舵感の向上

全車に標準装備されるアイサイト

歩行者保護エアバッグ

歩行者保護エアバッグのセンサー

ステアリング連動ヘッドランプ

ハイビームアシスト

後側方警戒支援システム

アクティブ・トルク・ベクタリング

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan ニューモデル速報)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します