現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カムリに追加された新グレード「WS」は、カッコいいセダン復権の兆しとなるのでしょうか

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.31

カムリに追加された新グレード「WS」は、カッコいいセダン復権の兆しとなるのでしょうか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタFFセダンのトップモデルであるカムリが、フルモデルチェンジから約1年経過した2018年8月1日、一部改良とともに、スポーティグレードの国内への追加導入を行いました。

追加されたグレードは、「WS」と「WS“レザーパッケージ”」で、WSとは「Worldwide & Sporty」の略だそうです。ちょっと大仰すぎではと思うものの、世界100ヶ国以上で販売されているカムリゆえに許されるネーミングと言えそうです。

    新型カムリのウソみたいな燃費と静けさ。これは大化けするかも

そんなWSグレードの説明会が、発表から約1ヶ月後の8月31日にトヨタ東京本社で行われるとのことで、carview!編集が行ってきました。

WSグレードの専用装備は、エクステリアではフロントグリルと、トランクリッドに装着される小ぶりなリアスポイラー、ブラック塗装アルミホイール、マフラーカッターとなります。既存グレードで特徴的だったアンダーグリルの鯨のような横フィンは、スポーティな台形のアンダーグリルとなり、低重心なワイドボディがさらに強調されています。一方、その上方のアッパーグリルは、トヨタCIロゴのオーナメントがボディ同色のトリムで囲まれていて、ジオン公国のモビルスーツの特徴であるモノアイを連想させます。

専用のブラック塗装アルミホイールは、「WS」が17インチ、「WS“レザーパッケージ”」が18インチ。加えて、マフラーカッターは左側2本出しとなりますが、実際の排気は内側の1本のみで、排気音などは既存グレードと変更はないとのことです。ここは、ちょっとがっかりした方がいるかもしれません。

走りのほうは、パワートレーンは既存グレードと同じく2.5L直4エンジンにリダクション機構付きのTHSIIハイブリッドシステムとなりますが、WSグレード向けには、サスペンションチューニングを行っているそうで、開発陣によると「マイナーチェンジ並み」の改良を加えているとか。ショックアブソーバーの摺動部分に手を入れて、ライントレース性と乗り心地を向上させているそうですが、そこは今後の評論家諸氏の試乗レビューを待ちたいと思います。

内装の専用装備としては、パドルシフトとメタリックな風合いのインストルメントパネルオーナメントが装備され、加えてシートが専用品となり、「WS」グレードでは合成皮革×ファブリックのコンビシート、「WS“レザーパッケージ”」では、その名の通り、前後レザーシート(前席ヒーター付き)となります。

次にボディカラーですが、WS専用色となる3種類の2トーンカラーが新規設定されました。ベースとなるボディカラーは、白(プラチナホワイトパール)・赤(エモーショナルレッドII)・青(ダークブルーマイカメタリック)で、これらのルーフ、ドアミラー、フロントピラー、ドアウィンドウフレームモールディング、リアピラー、リアスポイラーが黒(アティチュードブラックマイカ)の2トーンとなります。

実際に、白と青の2トーンカラーを見たのですが、特に白はボディ上部のブラックアウトの効果が大きく、室内においてもカムリ本来の低重心感がさらに強調されていたのがよくわかりました。ちなみに青の2トーンは室内よりも、屋外で映える渋めのカラーリングと言えそうです。

尚、カムリ全体での一部改良の内容としては、オート電動格納式ドアミラーを標準装備化。インテリジェントクリアランスソナーはXグレードを除いて標準装備としています。

また、アルファードやヴェルファイアにも設定されている9スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステムを、WSとGのグレードにオプション設定。実際にJBL担当者の解説により、カムリ車内で試聴したところ、編集は車内では“音は聴こえさえすればいい”というレベルの人間なので意見を言える立場ではありませんが、一緒に前席で聴いていた他媒体の方が「自分の車で音楽を聴くのが嫌になる」程のサウンドだったと、感想を述べられていました。

セダン復権をかかげ、若返りを狙った現行カムリでは、先代よりは若返ったものの、それでも「50代後半」が購買層の中心だそう。それが、WSグレードの先行予約では、30代の割合が増えて、既存グレードではほぼ皆無だった20代の予約もあったとか。

2017年、米国デトロイトモーターショーでのカムリのワールドプレミアの際、豊田彰男社長が新型を「セクシーなカムリ」と呼んだ上で、スポーティグレードを「リアリー(本当に)セクシーなカムリ」と呼んでいました。さて、「リアリーセクシーなカムリ」、WSグレードは、今後のセダン復権の種火となるのでしょうか。

気になる価格は、消費税込みで、「WS」が367万2000円、「WS“レザーパッケージ”」が434万1600円となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します