現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル・フォレスターを全開にしてみる、しかも公園で。新型フォレスター実寸計測

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.29

スバル・フォレスターを全開にしてみる、しかも公園で。新型フォレスター実寸計測

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気のスバル・フォレスター。7月19日からデリバリーが開始されていて、非常に好調とか。そこでわれわれもこのクルマのポテンシャルを確かめようと、全開にしてみた。

 すばらしい。この一言である。全開にしてみるとこのクルマのユーティリティがよくわかる。ユーティリティ? そう、各部の寸法を計測してみたのだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 カタログやウェブサイトの諸元表には各種の数値が記してある。しかし数字や三面図からはいまいちイメージがわきにくい。写真とともにサイズや長さを紹介することで、例えばご自宅のガレージに収まるかどうか、会社の狭い駐車場でドアを開放できるか、出かけるときにいつも通るあのクランク路を抜けられるかなど、ご参考になるかもしれない。

まずはトランクルームから

 チーフエンジニアはリヤゲート最大開口幅に1300mmという、途方もない数字を掲げている。実現には多くの困難がともなったが、実際にその開口部を眺めると「広いな」と思わされる。

(1)~(1)(最大開口幅):130cm
(2)~(2)(スラント開始部開口幅):120cm
(3)(開口部センター上部~フロアボードまでの鉛直寸法):81cm
(4)~(4)(フロアボードセンター最奥~ハッチ奥行):103.5cm
(4)後(開口部高さ):73cm
(5)~(5)(フロアボード端部最奥~ハッチ奥行):97cm
(6)~(6)(サイドポケット最大幅):158cm
(7)~(7)(ホイールハウス幅):110cm

リヤシートをたたんでみると

 頻繁なシチュエーションではないかもしれないが、リヤシートを畳み助手席を最前部(背面も前にリクライン)にした「とにかく載せる」を意識した状態の数字も計測してみた。

(8)~(8)(センターコンソール後端~ハッチ奥行):200cm
(9)~(9)(助手席背面~ハッチ奥行):215cm

ドアパネル類の開口寸法はいかがか

 こちらは外寸。どれだけ開くのか、いかほどの高さがあるのかを各部で調べてみた。

(1)(エンジンフード開口時最大高さ):191cm
(2)(フロントドア最外部~開口時寸法):ノッチ1回目50cm/ノッチ2回目76cm/最大開口時96cm
(2)~(2)(フロントドア左右最大開口幅):376cm
(3)(フロント部地上最低高):27cm
(4)(リヤドア最外部~開口時寸法):ノッチ1回目50cm/ノッチ2回目77cm/最大開口時90cm
(4)~(4)(リヤドア左右最大開口幅)366cm
(5)(リヤ部地上最低高):28cm
(6)(リヤハッチ開口時最上部高さ):206cm
(7)(リヤハッチ内張り~地上高さ)181cm
(8)(リヤバンパ後端~リヤハッチ開口時後端寸法):36cm

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します