現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレー・フライング・スパー、PHEV追加へ ロールス新型に対抗

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.17

ベントレー・フライング・スパー、PHEV追加へ ロールス新型に対抗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナメーラ4 E-ハイブリッドとパワートレイン共有

ベントレー・フライング・スパーには2019年、V6搭載のプラグインハイブリッドが追加される。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

ライバルのロールス・ロイス・ゴーストのPHEV仕様は、度々テストが目撃されている。今回はふたつのフューエルキャップを持つフライング・スパーが目撃された。

ただのモデルでないことは明らかで、ひとつはリチウムイオン電池を充電するポートだろう。

以前AUTOCARでも報じたが、ベントレーはベイテンガ・ハイブリッドではなく、ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッドとパワートレインを共有するフライング・スパーを開発している。新しいWLTPに対応したチューニングを施すため、ベイテンガ・ハイブリッドは来年初頭まで登場しない見込みなのだ。

5月に読者のクリス・トムソンがロンドンで撮影したフライング・スパーの開発車両は、保険会社のデータベースから、2.9ℓV6エンジンを搭載していることが判明。ポルシェ・カイエンE-ハイブリッドなど、フォルクスワーゲン・グループで用いられている3.0ℓユニットとは異なる。

つまり排気量の少ない方のエンジンを選んだのだ。



排気量の少ないユニット メリットも

なぜキャパシティの低いエンジンを使用するのかという質問に対して、ベントレーは回答を避けている。しかし、AUTOCARではより高いシステム総合出力を実現できるからだと見ている。

というのも、2.9ℓユニットはより大きなクランクシャフトを採用しているからだ(エンジンのストロークを短くする)。そのため、フライング・スパーPHEVは少なくとも、パナメーラ4 E-ハイブリッドと同じ462ps、72.1kg-mを発揮するはずだ。ポルシェは今後ハイパワー・バージョンの発売を予定しており、より高価なフライング・スパーはそれを超える出力を実現するものと思われる。

フライング・スパーPHEVは、EV走行で50km前後の航続距離を確保するだろう。これは、今後中国で厳しい排出量規制が適応された際に重要になる。

このプラグインハイブリッドは、来年発表される次世代型フライング・スパーのラインナップに含まれるようだ。アイデンティティを主張してライバルとの差別化を図るため、より分かりやすいデザインをまとって登場するだろう。

プラグインハイブリッドのほかにも、V8やW12ガソリン・エンジンが登場するが、ディーゼルの選択肢はない見込みだ。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『ベントレー・フライング・スパー、PHEV追加へ』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します