現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン 「R」ディビジョン ホットEVを検討中

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.7

フォルクスワーゲン 「R」ディビジョン ホットEVを検討中

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー Rにふさわしいパフォーマンスを
ー モータースポーツでも活躍

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

Rにふさわしいパフォーマンスを

フォルクスワーゲンは、EVのIDシリーズの高性能版としてRモデルを設定することを検討している。ただし、このバッジに見合う性能を実現できることが条件だ。

フォルクスワーゲンは先日のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにおいてID Rパイクスピークで参戦し、新記録を打ち立てた。現在IDモデルは4車種がアナウンスされており、その最初となるIDハッチバックは2020年に登場予定だ。

Rディビジョンのボスであるジョスト・カピトはAUTOCARの取材に対し、「もしわれわれがEVにRを設定するとしたら、それはRにふさわしいモデルでなければなりません」と語った。

ID Rの可能性について、カピトは「われわれの中で、レースや生産サイドからの案はあります。ただし、その時期は未定です。この技術の発展は凄まじいスピードで進んでおり、毎月のように新技術が生まれています。いつの日か、求める水準が実現できるでしょう」

カピトはEVのRバージョンの開発について、レースカーなみのパフォーマンスとバッテリーライフの両立が困難だという。このバランスの実現こそが、IDにRバージョンが設定される時期を決定することになるだろう。

モータースポーツでも活躍

またそのモデルの決定について、カピトによれば、「パフォーマンスモデルの定義によるでしょう。モーターやバッテリーを搭載するためのスペースが必要です。そしてバッテリー技術です。今までのパフォーマンスエンジンよりもはるかに複雑な構造となります」という。

最も可能性が高いのはIDハッチバックまたはSUVのIDクロスだろう。クロスはツインモーターレイアウトが採用され、より大型のボディを持つことからパフォーマンス志向のドライブトレインを搭載しやすいと考えられる。

パイクスピークでの勝利がEVを加速

モータースポーツ部門を統括するスヴェン・スミーツは、フォルクスワーゲンID Rパイクスピークでの成功は、電動車が内燃機関に匹敵するパフォーマンスを実現できることを証明していると説明する。

フォルクスワーゲンは先月のパイクスピークにおいて、680psのEVで7分57秒148という記録を打ち立てた。これは2013年にセバスチャン・ローブの記録したプジョー208 T16のタイムを塗り替えるものだ。

「このプロジェクトはIDやRのブランドの将来を示すものです」とスミーツはいう。「われわれは、電動車がつまらないと考えるひとをどう納得させるかを考えています。電動車はエモーショナルにもなれるということを証明しました」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します