現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フェラーリを買い漁る男 なぜ「ジャンク品」買った? 「乗ってなんぼ」の精神とは

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.1

フェラーリを買い漁る男 なぜ「ジャンク品」買った? 「乗ってなんぼ」の精神とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ラタロッサとは
ー ラタロッサ購入の経緯
ー 未仕上げの外観が好みに
ー 8台のフェラーリを所有するスコット
ー 普通のひとが買わないフェラーリを
ー ラタロッサの走りは?
ー 想像以上にしっかりとした走り

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ラタロッサとは

屋根を切り取られたフェラーリ・テスタロッサ。打ちっぱなしのコンクリートのような塗装は下地のまま。おしゃれな服を着た大金持ちが年に一度しか乗らない、跳ね馬の紋章が目立つピカピカのロッソ・コルサ・フェラーリに対する一服の清涼剤。スコット・シバーズのクルマである。興味深い意見を持ったフェラーリ・オーナーだ。

「赤のフェラーリも何台か持っていますが、好きな色じゃありません。それに、見せびらかすために運転するんじゃないんです」と彼は言う。「わたしの日常の足は黒の360チャレンジ・ストラダーレです。8年間で8万km走りました。これで買い物に行ったり、子供を学校に送ったりしています。クルマなんて乗ってなんぼです」

彼のテスタロッサ、あるいはラタロッサ(「リサイクル自動車」を略した「RAT」という言葉から彼はこう呼ぶ。表面がサビたスプリットスクリーンのフォルクスワーゲン・タイプ2のようなクルマがRATだ)は、フェラーリに対するスコットのフィロソフィーの究極的表現である。

グレーのボディはざらざらと波打ち、エンジンカバーは危なっかしく、細長い金属製の補強材がサイドシルとシートの間から顔をのぞかせ、Aピラー周辺やシート後ろのレザートリムは、ギフトの包装のようにきっちりしている。

ラタロッサ購入の経緯

少し低いようだって? それはスプリングを短くしているせいだ。補強材の重さでクルマの後ろが下がっていたので、彼は古いサスペンションを取り外し、スペックの異なるフロントスプリングを3セット注文した。これでフロントとリアの高さは同じになった。

次に、リアカバーの下には、あろうことか古いヴォグゾールの4ポットが付いていたそうだ。スコットは4×2の木片でカバーを支えて開き、オリジナルのいい感じに汚れたエンジンが見えるようにした。カバーの下にはオリジナルの5速マニュアルトランスミッションもある。キャビンの切れ味の悪いアルミのトランスミッションゲートがその証拠だ。

スコットはこのクルマをカリフォルニアの男から買った。当時、彼は所有する1990年製テスタロッサ・クーペ用のエンジンカバーを探していた。オランダから購入した左ハンドルのクルマだ(彼のフェラーリは7台が左ハンドルだ)。彼はネットで検索し、仕上げをしていないテスタロッサ・スパイダーの広告を見つけた。4年前の広告だった。

「面白そうだったので、ダメもとで売り手に連絡したら、まだあったんですよ」とスコットは言う。「信じられないでしょうが、まだ売れてなかったんです。オーナーはレストアするつもりで買ったそうですが、ガレージでほこりをかぶっていました。彼はスペア部品を取るために解体するだけなら売らないよというんです。わたしはクルマを走れるようにレストアしますよと約束しました。めでたく交渉成立でわたしはクルマをここ英国に持ってきたんです。クルマ、輸送費、税金など全部で1万6000ポンド(233万円)かかりました」

フェラーリは、社長のジャンニ・アニェッリの要請で1986年に1台だけテスタロッサ・スパイダーを作った。このクルマは2016年に彼の子供たちが120万ポンド(1億7500万円)で手放した。

未仕上げの外観が好みに

スコットのクルマは以前、米国のキットカー会社がテスタロッサのレプリカのベースとして使うために所有していた。その後、おそらくクラッシュしたのでルーフを切り取ったが、その時に著作権保護のためフェラーリが介入したとスコットは言う。

「クルマと部品の木枠2個とを受け取ったとき、わたしはリビルドするつもりでした」とスコットは言う。「もう1台のテスタロッサ・クーペも到着したばかりだったので、わたしはこれを設計図代わりに使って木枠に入っていた部品を取りつけたり、配線を接続したりしたんです。この2台の間では部品交換が可能だったので、正常か故障かを費用をかけずに短時間で確認できました」

しかし巨大なフェラーリ・パズルが2台も同時に来たので、スコットは仕上げ前の未完の外観がだんだん好きになってきた。それに工場に持ち込んで標準仕様に戻すにはとんでもなく金がかかりそうだし、いずれにしろ屋根がないので純粋のフェラーリとはならず元は取れそうにないし、で仕上げなしでも悪くはないと考えた。そこで機械的には完ぺきに仕上げるが見た目はRATルックのままにすることに決めた。

「わたしにとって、RATルックとは中身の機械は完ぺきだが、見た目は手入れも修理もされていないようにすることです」とスコットは言う。「取り寄せた部品は赤の塗装だったので、いろどりのためそのままにしました」

8台のフェラーリを所有するスコット

スコットをフェラーリ狂いというのは控えめに過ぎる。このメーカーへの情熱は、リーダースダイジェストの裏表紙に載っていた308の懸賞を見た少年時代にさかのぼる。当時、彼の父は夢に見た246ディノのことをいつも話していた。テスタロッサ・スパイダーが登場するセガのゲーム・アウトランが現れたのもその頃である。

「大人になって余裕が出てくると、わたしは最初のフェラーリ、348スパイダーを買いました」と彼は言う。

ここでスコットのことを話しておこう。彼は地に足がついた42歳の男で、暮らしは裕福だが裏のある感じはしない。離婚したばかりで、IT関係の仕事を1年休んで今後のことを考えているところだ。

彼は最近バークシャーへの通勤圏にある小さな地所に引っ越した。良い家だが玄関前の道は2台がせいぜいの狭さだ。彼の家を見つけるのに迷わなかったのはこのためである。なぜって、家の前の道路には彼のフェラーリ・コレクションが並んでいるのだ。ラタロッサとF355スパイダー、玄関前には355 F1スパイダー、2台分のガレージには雨の日にはラタロッサが入り、そうでなければスコットが308の作業をしている。

スコットは全部で8台のフェラーリを持っている。355を2台、308を3台とラタロッサ。以上はみな左ハンドルだ。あと、360チャレンジ・ストラダーレと456GTA。この2台は右ハンドルである。さらに彼は1969年製ポルシェ911 Tクーペとフォルクスワーゲン初代ゴルフGTIも持っている。そのうち何台かはここにあり、あとは友達のところや家族のところにある。これらのクルマには50万ポンド(7300万円)の保険が掛けてある。年間の掛け金は3000ポンド(43万8000円)だ。

普通のひとが買わないフェラーリを

ここまで出来た訳は? 「普通のひとが買ってはいけないフェラーリばかり買うんです。履歴書がいい加減だったり、色が悪かったり、仕上げが終わっていなかったり。こういうクルマは比較的安く買えます。わたしはこういうクルマの問題を解決して売って儲けるんですよ。儲けはコレクションに注ぎ込みます」

しかし彼の買ったクルマがすべて「孤児」な訳ではない。「430スクーデリアは純潔でしたね」と彼は言う。「3か月で売って2万5000ポンド(366万円)儲けました。これに3000ポンド(44万円)を足して、すぐに左ハンドルのF355を買いました」

時とともに、スコットはスパナを持った天才となった。彼は独学だが、タイミングベルト交換のためにエンジンを下すことを除いて、できないことはほとんどない。彼はいつもインターネットでクルマの売買や部品や技術的アドバイスを探している。

スコットが次にラタロッサにすることは、ステアリングとフロントサスの手直し、エンジンの完全なメンテナンス、それにキャビンの化粧直しだ。スポーツエグゾーストも取りつける。作業にはすべて純正パーツを使う。最後の仕上げとして、彼はエンジンが新品に見えるように細部まで磨き上げるつもりだ。

スコットがコレクションを売ってまで欲しいフェラーリはあるのだろうか? 「あります、F40です。毎日運転するのはこの1台だけです。こいつを買うために抵当を増やしたらどうかと前の妻に提案したことがあるんです」

ラタロッサの走りは?

幸いにも、スコット・シバーズの左ハンドル・テスタロッサ・スパイダーのハンドルと運転席側ドアはしっかりしていた。だがハンドルを引き寄せると取れてしまった。

心配ない。わたしは運転席に座り、イグニッションキーを回そうとしたが、その前にまずはお祈りだ。右下に目をやれば、有名なフェラーリ・ゲートがある。もう待てない。

バックは押し下げて前だ。まずはまっすぐに下がるのだ。このふたつを正しくやらなくては。エンジンに火を入れる。思い切ってスロットルをあおると、メカニカルな軋み音とすてきな吸気音が不協和音を奏でる。スコットの隣の家の老人が役所に文句を言ったのも頷ける。

ペダルはスパルコのレーシングシューズを履いたフォーミュラ1のドライバー用だ。わたしはオートバイ用のブーツを履いていたので、アクセルとブレーキを踏み間違えないよう練習した。クラッチの重さは尋常ではない。ハンドルの重さも同様で、回すのもやっとという感じである。

想像以上にしっかりとした走り

発進は驚くほどスムースだ。ギアはスプリングで各スロットに入りやすくはなっているが、1速、2速ぐらいまでの操作はデリケートだ。エンジンはギアを替えた瞬間に反応する。温まってきたようで、始動時のブルーな排気は透明になった。

ボディはガーデンゲートと同じくらい固められているので、ラタロッサは少なくとも65km/hくらいまでは驚くほどがっちりしている。

ブレーキはしっかりとしていてフィールもいい。ステアリングも軽くなったが、クイックというのとは違う。早めに上手に操作する必要がある。

でも少しガソリン臭くないか? 「ちょっと漏れているんですよ」と助手席の主は説明する。些細な問題はあるにしろ、このラタロッサはユニークで素晴らしい。われらの嬉しそうな顔を見ればわかるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します