現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 長期テスト BMW M5(1) スーパーカー並みの動力性能

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

長期テスト BMW M5(1) スーパーカー並みの動力性能

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 458スペチアーレとも遜色無い速さ
ー 時折神経質な乗り心地も
ー 余分なオプションは要らない
ー 文句のつけどころのない走り
ー テスト車について
ー テストの記録

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

458スペチアーレとも遜色無い速さ

このクルマ以上に納車日が賑やかになった長期テスト車をわたしは覚えていない。おそらくこれは、このクルマがM5だからだろう。この珍しいクルマを一刻も早くひと目見ようと皆が集まってきたのだ。

わたしが北ウェールズでこのクルマを受け取って以来、メルセデス-AMG E63 SやキャデラックCTS-Vとの比較テストに使われた。そこではM5が勝利した。その後わたしを含めふたりによる走行動画撮影が行われたが、そのときもこのクルマの勝ちであった。わたしはAMGファンだが、正直に結論を下した。

さらにその後、アルピナB5との比較も行なった。AUTOCARによる完全なロードテストをおこない、わたしは4.5星を与えた。気に入らない点は4つほどあったが、それ以外は概ね良好だ。

ここでその特徴を挙げてみよう。600psの4.4ℓV8が四輪を駆動することにより、0-97km/h加速はわずかに3.3秒だ。161km/hまでは7.5秒で到達する。ゼロヨンのタイムは11.5秒で、その時点での速度は201.3km/hだ。1kmの直線加速は20.8秒、256km/hだが、これはフェラーリ458スペチアーレよりわずかに0.7秒遅いだけだ。非常に速い。

時折神経質な乗り心地も

ほとんどの場面で、快適性は十分だ。ロードテストでは時折神経質な乗り心地が指摘されていたが、わたしもそれには同意せざるを得ない。

もしこれが運動性能とトレードオフなのだとしたら、そもそも1940kgのエグゼクティブサルーンにスーパーカー並みのパワーとスポーツカーのような敏捷性を与えるために妥協が必要だったのだろう。わたしはこのクルマ以上に楽しさやスポーティさと高級感や快適性のすべてを兼ね備えたクルマをしらない。

内装については、5シリーズそのものだ。5人が快適に乗車でき、530ℓもの荷室も備える。ランフラットタイヤではないため、トランクの下部にはパンク修理キットが搭載されている。

お望みであれば、M5のサスペンションを柔らかくしたり、パワートレイン、ギアボックス、ステアリングの設定を変えることもできる。これにはセンターコンソール上のギアレバーの脇に取りつけられたスイッチを使用する。もともと用意されたプリセットを使うもよし、個々の設定を自分好みに変更するのも良い。

余分なオプションは要らない

さらにその設定を記憶させ、左右の赤いレバーで呼び出すことも可能だ。わたしは左側のレバーですべてをコンフォートに、右側ですべてをハードかつスタビリティコントロールをオフに、そしてFRモードになるよう設定した。

このクルマに慣れるにつれ、設定を細かく変更したくなることもある。しかし、それは単に好奇心によるものであり、結局は元のふたつの設定に落ち着くのだ。

他にも慣れが必要な機能は多数ある。数あるオプションの中でもわたしのお気に入りはステアリングヒーターだ。

これはコンフォートパッケージに含まれているが、ロードテストではこれはプレミアムパックとは違い選択する価値あるオプションだとの結論がくだった。わたしも同意見だ。M5はカーボンファイバー製ルーフの採用による軽量化と低重心化を図っているのだから、余計な装備で重くなるのは避けたい。その最たる例がプレミアムパックのソフトクローズ・ドアだ。

文句のつけどころのない走り

カーボンセラミックブレーキは7495ポンド(109万円)で、Mスポーツ・エグゾーストは1100ポンド(16万円)であった。このブレーキは時折タッチが敏感すぎることもあるが、距離を重ねることで改善するかもしれない。エグゾーストシステムはこのターボエンジンの排気音に刺激を加えてくれる。

600psを発揮するこのエンジンは非常に刺激的かつ素晴らしい。AMGほどの過剰なV8らしさはないが、あふれんばかりの官能性がある。8速ATの動作も文句の付けどころがない。

慎重に走りさえすれば10km/ℓ程度の燃費を出すこともできるが、通常の走行では8km/ℓといったところだろう。サーキット走行では2.5km/ℓという数字もあり得る。

オーナーがM5をサーキットで走らせる機会はそうそう無いとは思うが、ぜひ試してみるべきだ。それこそがこのBMW製スーパーサルーンの運動性能を体感する良い方法だと考える。今後の数カ月間でM5の性能を確かめるのが楽しみだ。

テスト車について

モデル名:BMW M5
新車価格:8万7940ポンド(1280万円)
テスト車の価格:10万1900ポンド(1483万円)

追加したオプション

■プレミアム・パッケージ 1995ポンド(29万円)
■コンフォート・パッケージ 1195ポンド(17万円)
■カーボンセラミック・ブレーキ 7495ポンド(109万円)
■Mスポーツ・エグゾースト 1100ポンド(16万円)
■カーボンファイバー・エンジンカバー 1025ポンド(15万円)
■Mシートベルト 260ポンド(3万8000円)
■カーボンファイバー/アルミトリム 495ポンド(7万2000円)
■Apple CarPlay 235ポンド(3万4000円)
■オンライン・エンターテインメント 160ポンド(2万3000円)


テストの記録

燃費:8.2km/ℓ
故障:無し
支出:無し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します