現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > KeePer平川「優勝したがチャンピオンは獲れず……言葉にできない」/スーパーGT第8戦もてぎ GT500優勝会見

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

KeePer平川「優勝したがチャンピオンは獲れず……言葉にできない」/スーパーGT第8戦もてぎ GT500優勝会見

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月3日にツインリンクもてぎで行われた2019年のスーパーGTシリーズ最終戦、第8戦もてぎの決勝レース。53周の戦いでGT500クラストップチェッカーを受けるもシリーズチャンピオンには手が届かなかったKeePer TOM’S LC500のニック・キャシディと平川亮がレースをふり返った。

KeePer TOM’S LC500
ニック・キャシディ
「かなり難しいレースだった。僕たちは4番手スタートで、前にいたのは強力なクルマ、チームばかりだった。スタート自体は完璧だった。グリッドにいたGT500のなかで、ぼくたちが一番速いクルマだったことは間違いない。僕のスティントに関して言えることはこれだけだ」

    【順位結果】2019スーパーGT第8戦もてぎ 決勝

「僕たちと6号車(WAKO’S 4CR LC500)はタイヤがまったくおなじで、ウォームアップに苦労するという特徴がある。それと比べるとミシュランタイヤのほうが温まりやすいという特徴があるんだ。ただ僕の強みは、コールドタイヤでいいタイムを刻めるということ。そこは自信を持っていたし、今シーズン何度か(もてぎの決勝と)同じような状況で6号車とバトルしてオーバーテイクした経験もあったから、それも自信につながった」

「(スティント終盤の)あの時点で36号車(au TOM’S LC500)を無理にオーバーテイクする必要はなかった。あのときは3~4番手を走るライバルとのギャップを広げることに集中していたからね。カズキ(中嶋一貴)がミスをした場面もあって、仕掛けようと思ったけど、すぐに防御された」

「もし彼とシリーズチャンピオン争いをしていたら攻めていたかもしれないけど、そうではないし、彼はチームメイトでもあるから“紳士的”に対応した。それに2周後にはピットインする予定だったんだ。まさか、同時にピットインするとは思っていなかったけどね」

平川亮
「ピットアウトしてアウトラップはよかったんですけど、そのあとペースが上がらなくて。36号車(au TOM’S LC500)の後ろにずっといたせいか、フロント(タイヤ)がキツくて、なかなかペースも上げられませんでした」

「トップに立った後はペースもよく、後ろを離すことができました。結果的には優勝できましたけど、チャンピオンを獲れなかったので悔しいというか……あまり言葉にできないです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します