現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 電動化戦略本格化。ボルボ初のEVモデル『XC40 Recharge』発表

ここから本文です
スポーツ 2019.10.24

電動化戦略本格化。ボルボ初のEVモデル『XC40 Recharge』発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グループ全体での電動化戦略を打ち出しているボルボは、10月16日に同ブランド初となる完全電気自動車の『XC40 Recharge(リチャージ)』を発表。まったく新しい「リチャージ・カー・ラインアップ」のコンセプトで投入される最初のモデルになるとアナウンスしている。

 ボルボ・カーズとしては、2025年までに世界販売台数の50%を電気自動車が占めるよう、今後の5年間で完全電動化されたフルEVモデルを導入し、それ以外の車両ではハイブリッド・パワートレインを搭載し、すべてのモデルに電動機構を採用することを目指している。

    トヨタC-HR GRスポーツ誕生! マイナーチェンジ受けたベース車にも6速MTグレード追加

 中国市場で展開する完全電動ブランドの“ポールスター”に加え、本流のボルボ・ブランドでもその方針に従い、ベストセラーにもなっているコンパクトSUV『XC40』をベースに、ボルボ・ファミリーで初めての完全電動化を果たしたモデルとなっている。

 この“再充電”を意味するモデル名の『リチャージ(Recharge)』は、完全電動式パワートレインとプラグイン・ハイブリッド・パワートレインを搭載するすべての充電可能なボルボ車を表す総称となっていくという。

 そうした使命を背負って登場した『XC40 Recharge(リチャージ)』は、ボルボ初の電気自動車であると同時に、GoogleのAndroidを採用した最新のインフォテイメントを搭載する最初のボルボ車にもなっている。
 1回の充電で400km(WLTP)を走行できる航続距離と、最高出力408hpを発生する最先端の全電動式全輪駆動パワートレインを搭載し、急速充電システムを使えば40分以内で容量の80%まで充電することが可能に。

 さらに仕向け地別に仕様が異なる可能性は残るものの、アンドロイドをベースにしたインフォテイメント機能では、ボルボのデジタル・コネクテッド・サービス・プラットフォームであるボルボ・オン・コール(Volvo On Call)に完全に統合され、ボルボ・オン・コールを通じて電力で走行した時間を追跡することも可能となっている。

 また、車両の電動化をさらに促進するためすべてのボルボ・リチャージ・プラグイン・ハイブリッド・モデルには1年間の電気代が無料になる特典が付属し、その期間中は平均電気料金と同額が払い戻される施策や、“デザイナーズ・チョイス・セレクション(Designer’s Choice selection)”などのトリムもスタンバイ。ボルボとしては、2020年の総販売台数の20%をプラグイン・ハイブリッド・モデルが占めることを目指すという。

 この『XC40 Recharge(リチャージ)』の登場で、すでにT8のプラグインを搭載するXC90、60などと合わせてフルラインアップでの電動化車両投入が完了するボルボ。「2040年までにクライメートニュートラルな企業になる」というボルボ・カーズの意欲的な新しい行動計画の具体性を証明するこの新EVの日本市場デビューは、追ってアナウンスされる予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します