現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【NASCARエクスフィニティ・シリーズ第22戦】 日本人チームオーナー「HRE」のトヨタ・スープラが7位入賞!

ここから本文です
スポーツ 2019.8.26

【NASCARエクスフィニティ・シリーズ第22戦】 日本人チームオーナー「HRE」のトヨタ・スープラが7位入賞!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HREスープラがナスカーで好レースを展開

 アメリカで人気のモータースポーツ「NASCAR(ナスカー)」に参戦する服部茂章氏率いる「Hattori Racing Enterprises(HRE)」が、今シーズンは新たな挑戦を行っている。それがナスカーの3大カテゴリーの一つ「NASCAR XFINITY SERIES(エクスフィニティ・シリーズ)」へ、トヨタGRスープラでのスポット参戦である。7月5日にデイトナ開催されたエクスフィニティ・シリーズ第16戦「Coca-Cola Firecracker 250」では、トランスミッションのトラブルで予選を走行せずレースを終えていたが、8月16日の第22戦「Food City 300」では7位入賞を果たした。

    F1ドライバーでさえ乗りたくないと言わせたクルマは? 歴史を変えたスポーツカー5選

 HREとしてエクスフィニティ・シリーズへの挑戦2戦目は、エクスフィニティ・シリーズ全33戦のうちの第22戦目「Food City 300」となる。舞台となったブリストル・モーター・スピードウェイは、1周0.533マイル(858m)というショートオーバルで、最大28度という深いバンク角を持ち、滑りやすいコンクリート路面の高速トラック。今回のレースは、第1ステージ85周、第2ステージ85周、最終ステージ130周の計300周で行われる。

 今回、HREの#61 TOYOTA TSUSHOTOYOTA SUPRAのステアリングを新たに託されたのは、ティミー・ヒル選手。HREの61号車は決勝前日の練習走行セッションから順調に走り出し、大きなトラブルもなく、予選セッションでも16.169秒のタイムで20番グリッドを獲得した。

 決勝レースは、8月16日の夕方4時過ぎにスタート。序盤からイエローコーションが何度も出される荒れた展開となり、ヒル選手の61号車も第1ステージの最終周で他車と接触があり、せっかく追い上げたものの20番手まで順位を下げてこのステージを終えた。

 続く第2ステージはきっちりポジションを上げて16位で終え、最終ステージを迎えた。ここまでにマシンの調整を繰り返しハンドリングが向上してきた61号車は、トップを走行していた車両をきっかけとしたイエローコーション中はコースにとどまり、次のイエローコーションを待つ展開となった。

 そしてレース終盤に待っていたイエローコーションが出ると、すぐさまピットに戻りニュータイヤに履き替えて、282周目のリスタートからはトップグループと同じペースで追い上げ、7位でチェッカーフラッグを受けた。61号車は前回のデイトナ戦は不出走であったため、HREとしては、今回がスープラの実質的なデビュー戦を入賞という形で無事に終えることができたわけだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yor*****|2019/08/26 11:45

    違反報告

    いや、中身はスープラ(BMWz4)じゃないでしょこれ(;´Д`)皮かぶりでしょ?
    トヨタさんのお得意自慢ですか?
    自慢したいなら自社で1から完成させてくださいな。他メーカーに作らせてドヤ顔されるのがだいぶムカつくので。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します