現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピエール・ガスリー、自信に繋がるF1中国GPのファステストラップは0.1秒差で”ギリギリ”。しかしライバルは”予選セッティング”に戻していた?

ここから本文です
スポーツ 2019.4.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季からレッドブル・ホンダのドライバーとなったピエール・ガスリー。しかし序盤2戦は大いに苦労することとなった。そして第3戦中国GPでは6位入賞を果たし、ファステストラップも記録した。

 徐々に成績が上がりつつあるように見えるガスリー。しかし、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとは、まだまだ差があるように見える。この状況について同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、ガスリーが問題を克服するだろうと信じている。

    ■照準は中盤戦? フェルスタッペン、ホンダにさらなるパワー求めつつも信頼性には太鼓判

「中国で、彼は一歩前進したと思う」

 そうホーナー代表は語る。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン