現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 好不調の波が大きかった跳ね馬。後半戦にいくつもの“見せ場”を作ったベッテル【F1ゴールデンラズベリー賞 2018】

ここから本文です
スポーツ 2018.12.28

好不調の波が大きかった跳ね馬。後半戦にいくつもの“見せ場”を作ったベッテル【F1ゴールデンラズベリー賞 2018】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『アカデミー賞』が表舞台の華やかな表彰なら、もうひとつの『ゴールデン・ラズベリー賞』はマニアックに裏ステージに注目した(?)年間表彰だ。シーズンオフの今、2018年シーズンをF1ジャーナリストの今宮純が振り返り、各10部門に分けてノミネートしていく。

------------------------------

    スペインにF1を知らしめた王者フェルナンド・アロンソ。18年の軌跡を振り返る【今宮純のF1コラム】

☆ドライバー部門 セバスチャン・ベッテル


 つめが甘かった。2017年5勝、2018年も5勝、317ポイントと320ポイントもほぼ同じ。開幕から首位に立ち前半の第10戦まではルイス・ハミルトンと攻防を続け、2018年シーズンで5回も“首位交代劇”をやってみせた。どのグランプリでも観客が増えたのは、ベッテルが見せ場をつくったから。ときにはスピン、接触、クラッシュ……、スリリングなシーンで沸かせたのが授賞の理由。

☆マシン部門 ウイリアムズFW41


 F1マシンを操るのがいかに難しいか。それを毎戦ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンが知らしめた。コーナー入口も出口も、直線でさえも安定しない絶叫マシン状態。久々に見る不審挙動、FW41は失礼ながら駄作車だろう(ウイリアムズの最高技術責任者のパディ・ロウも認めた)。

 2018年の開幕前テスト時点から最下位タイム、改善の“特効薬”も効かずに落ちるところまで堕ちた古豪。御大フランクさんの体調が心配になります……。

☆チーム部門 ハース


 ワークス・ルノーに29点差の5位、“Bリーグ”での下剋上はならず。2018年の開幕戦からホイール脱落で全滅、ダブル入賞5&6位<18点>チャンスは幻に。後半イタリアGPではロマン・グロージャン6位が失格事件<8点>で消え、ルノーのサインツが8位<4点>繰り上がり。アメリカGPではマグヌッセンが9位失格となり<2点>を失った。コンストラクターズランク4位と5位の分配金の差額は推定数億円……。

■ブラジルGPで大きな話題となったオコンとフェルスタッペンの騒動

☆アクション部門 マックス・フェルスタッペン


「そう怒んないで」とエステバン・オコンが下手に出ていたら、マックス・フェルスタッペンもMAX100%怒り度にはならなかったかも(いやなったか)。ブラジルGPゴール後、体重測定エリアであのシーン、傍でじっと見ていたバルテリ・ボッタスはどんな気持ちだったのだろう……。

☆カラーリング部門 フェラーリ(日本GP以降)


 なんでタイトル決戦前にここから塗り替えを。鈴鹿で公開された『MISSION WINNOW』のロゴ入りカラー。これを描き込んだ3戦後にコンストラクターズランキングでメルセデスに敗北した。

 今回のロゴはフィリップモリス社のキャンペーンだが2007年以降、タバコのロゴ広告は禁止されている。フェラーリの大スポンサーである同社は、ドライバーフィーなど数十億円(推定)を受け持っており、2017年9月から新規の複数年契約を継続中だ。

☆レース部門 第4戦アゼルバイジャンGP


 大荒れのバクー市街戦、3コーナーでうずくまったボッタスの悲劇。コース上のデブリのせいでタイヤがパンクしDNF(完走扱い14位)。あのまま勝てていたら、第4戦時点で1位ボッタス65点、2位ベッテル64点、3位ハミルトン63点。チャンピオンシップの流れも少なからず変わっていたはず……。

☆レギュレーション部門 混迷の未来規定


 導入されたコクピット保護システム『ハロ』によって、第13戦ベルギーGP多重事故の被害者シャルル・ルクレールは助かったと報告したFIA。ハロの安全対策装置としての正当性をアピール、今後さらに見た目のデザインは再検討すると言う。

 それはともあれ未来レギュレーション、2019年空力規制や2021年パワーユニット新規定・問題に関しては賛否両論がある。すっきり、はっきり、もっと分かりやすくできないのだろうか……。

■グダグダな戦略で自ら後退したフェラーリ

☆ピットワーク部門 フェラーリ


 第17戦日本GP、予選Q3で起きた不可解な出来事。確かに一部でパラパラ雨がおちてはいたけれど、2台ともインターミディエイトタイヤの装着は“大穴”狙いのギャンブル(?)。タイムを出すことができず、すぐにふたりはピットに戻りスーパーソフトタイヤへ。しかし、ベッテルの左フロント交換作業は遅れ、予選9位に後退。崖っぷちだったフェラーリは自ら底へと……。

☆タイヤ部門 スーパーハードタイヤ


 ハードタイヤが供給されたのはイギリスGP一度だけ、とうとうスーパーハードはまったく出番なし。7つのコンパウンドをカラフルに取り揃えたのはなんだったのか。2020年から23年までピレリが新たなF1公式タイヤとして4年契約することが11月25日に決定。2019年は硬いC1から柔らかいC5まで“5スペック”になるとのこと。

☆ファミリー部門 アロンソ家


 めったにグランプリ観戦に来られないフェルナンド・アロンソのご両親がアブダビGPにいらっしゃった。父ホセ・ルイス・アロンソさんの前でフェルナンドの表情はレーサーではない『素顔』に。親と子はスタート前に、こみ上げる感情を抑えがまんしているようだった。家族愛に敬意を表し<ベスト・ファミリー賞>とします。 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します