現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドイツFP3:雨でタイム計測はわずか9台。ルクレールがトップタイム

ここから本文です
スポーツ 2018.7.21

ドイツFP3:雨でタイム計測はわずか9台。ルクレールがトップタイム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ああ F1第11戦ドイツGPのフリー走行3回目が行われ、ザウバーのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。


 予選直前の重要な時間となるこのセッションだが、雨に見舞われコンディションはフルウエットとなった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 まずザウバーのマーカス・エリクソンがウエットタイヤでコースイン。彼のチームメイトのシャルル・ルクレールやハースなど、中団チームを中心にコースへ向かうが、各車タイム計測をせずにピットに戻った。


 セッション開始から13分、一時インターミディエイトタイヤを装着してコースに出たニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)は、ウエットタイヤに履き替え最初にタイム計測、1分36秒873をマークした。チームメイトのカルロス・サインツJr.はスピンする場面もあり、タイムを残さずピットに戻った。

 その後、コースには1台もマシンが出ていない状態が続いたが、残り時間が10分を切るとザウバー勢が再びコースイン。それまでコースに出ていなかったフェラーリ、メルセデスのバルテリ・ボッタスもコースに出た。ルイス・ハミルトンは、残り時間1分でピットを出た。

 最終的に、セッションをトップで終えたのはルクレール。1分34秒577をマークし、F1で初めてセッショントップとなった。2番手にはエリクソンが続き、ザウバーがワンツーとなった。

 ただ、タイム計測を行ったのはわずか9台。予選に向けて軽く様子見をするのに留まっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します