現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【TMS2019】日産、世界初披露の軽自動車クラスEV「IMk」はストレスフリーな移動体験を提供する

ここから本文です
モーターショー 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうどいい”軽”サイズのEVの新提案

日産は2019年10月23日、東京モーターショー2019で軽自動車クラスの電気自動車(EV)のコンセプトカー「ニッサン IMk」を世界初公開した。

    ブラックで精悍さをアピール。日産、ノートNISMOに特別仕様車「ブラックリミテッド」を設定

新開発のEVプラットフォームを採用した「ニッサン IMk」のボディサイズは全長3434mm、全幅(ドアミラー除く)1512mm、全高1644mmとほぼ軽自動車クラス。それでいて、これまでの常識を覆すEVならではの力強くスムーズな走りと、驚きの静粛性を実現したシティコミューターとなっている。(driver@web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン