現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日産、北京モーターショー2024にNEVコンセプトカーを複数出展

ここから本文です

日産、北京モーターショー2024にNEVコンセプトカーを複数出展

掲載 1
日産、北京モーターショー2024にNEVコンセプトカーを複数出展

 日産自動車は、25日から開かれる北京モーターショー2024に「新エネルギー車(NEV)」のコンセプトカーを複数出展すると発表した。電動化と知能化技術が進む中国市場に向け、人工知能(AI)を使ったモビリティソリューションも示す。

 全固体電池と「e―4ORCE」を採用した電気自動車(EV)スポーツコンセプトカー「ニッサン ハイパーフォース」や、FIAフォーミュラE選手権のマシンも展示する。車両以外にもAIを用いた体験型コンテンツなどを準備し、同社が目指す未来のライフスタイルを提示する。

こんな記事も読まれています

日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日刊自動車新聞
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
日刊自動車新聞
日産が北京モーターショー2024でNEVコンセプト4車種を公開! ワクワクするモビリティ体験の提供を目指す
日産が北京モーターショー2024でNEVコンセプト4車種を公開! ワクワクするモビリティ体験の提供を目指す
バイクのニュース
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
日刊自動車新聞
アルピーヌの次世代スポーツカー、水素エンジン搭載…プロトタイプ発表
アルピーヌの次世代スポーツカー、水素エンジン搭載…プロトタイプ発表
レスポンス
EV開発にブレーキ メルセデス・ベンツ、大型車用プラットフォーム中止か 「EQS」販売不振が理由?
EV開発にブレーキ メルセデス・ベンツ、大型車用プラットフォーム中止か 「EQS」販売不振が理由?
AUTOCAR JAPAN
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
くるまのニュース
トヨタの電動シャトルはヴァレオの48V技術を搭載…2024年パリオリンピックで走行へ
トヨタの電動シャトルはヴァレオの48V技術を搭載…2024年パリオリンピックで走行へ
レスポンス
VWの新型EVは500万円以下となるか? 中国シャオペンとの共同開発EV、その姿とは
VWの新型EVは500万円以下となるか? 中国シャオペンとの共同開発EV、その姿とは
レスポンス
日産 次世代EV向けパワートレインなど最新技術を紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
日産 次世代EV向けパワートレインなど最新技術を紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
日産、新型EVミニバンをカスタム…移動カラオケラウンジ提案
日産、新型EVミニバンをカスタム…移動カラオケラウンジ提案
レスポンス
【人とくるまのテクノロジー展2024】ボルグワーナーは車両の性能・効率向上を目的に設計された電動化ソリューションを展示
【人とくるまのテクノロジー展2024】ボルグワーナーは車両の性能・効率向上を目的に設計された電動化ソリューションを展示
Auto Prove
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
“RX-8”後継!? マツダ、次世代「ロータリーエンジン車」を実車展示! カーボンニュートラルと電動化で“新たなクルマの価値”を提案
“RX-8”後継!? マツダ、次世代「ロータリーエンジン車」を実車展示! カーボンニュートラルと電動化で“新たなクルマの価値”を提案
くるまのニュース
電動モデルの「MX-30 EV」と「CX-60 PHEV」を展示! 走りが進化したロードスターにも試乗可能! マツダ出展情報【ル・ボラン カーズ・ミート2024 横浜】
電動モデルの「MX-30 EV」と「CX-60 PHEV」を展示! 走りが進化したロードスターにも試乗可能! マツダ出展情報【ル・ボラン カーズ・ミート2024 横浜】
LE VOLANT CARSMEET WEB
経産省と国交省、日本メーカーのSDV世界シェア 2030年に3割の1200万台へ
経産省と国交省、日本メーカーのSDV世界シェア 2030年に3割の1200万台へ
日刊自動車新聞
美しすぎる純「和製スーパーカー」! マツダ新型「ロータリースポーツ」登場へ!? 期待高まる「アイコニックSP」に反響大
美しすぎる純「和製スーパーカー」! マツダ新型「ロータリースポーツ」登場へ!? 期待高まる「アイコニックSP」に反響大
くるまのニュース
ホンダ新型「コンパクト軽2シーター」実車展示! 斬新顔&激カワ「CI-MEV」が都心に降臨へ 走りも粘りもすごい「ミニ高性能」モデル!?
ホンダ新型「コンパクト軽2シーター」実車展示! 斬新顔&激カワ「CI-MEV」が都心に降臨へ 走りも粘りもすごい「ミニ高性能」モデル!?
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • ぷにぷに
    日産はコンセプトカーを出展するのが目的なのか?って思うぐらい商品化・販売されない。
    企画やデザインなど人・時間・金を使ってるんだろうに勿体ない。
    モーターショーに出展してる時間(ヒマ)があるなら早く販売したらいいのに・・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村