現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > STIが手掛けるハイブリッドチューンが初登場、e-BOXERのフォレスターを素材に走りを磨いたコンセプトカーが示すものとは?(東京オートサロン2019)

ここから本文です
モーターショー 2018.12.27

STIが手掛けるハイブリッドチューンが初登場、e-BOXERのフォレスターを素材に走りを磨いたコンセプトカーが示すものとは?(東京オートサロン2019)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オートサロン2019にて、スバルが「フォレスターSTIコンセプトモデル」を出展することを発表した。現時点では、
----------
『e-BOXERを搭載したFORESTER Advanceをベースに、ボディやシートに特別色を配色。19インチホイール、エアロパーツを装着することで、先進的でスポーティに仕立てたコンセプトカー』
----------
としか発表されていないが、イメージイラストを見る限り、フロントグリルにはSTIのエンブレムが装着され、WRX STIを思わせるブレーキシステムを与えられているようだ。ワークスチューンであるSTIの意思が入った最上級グレード「STI Sport」を超える新グレード、いやメーカー製コンプリートカーというキャラクターの登場を予感させるコンセプトカーといえる。

そうした走りを磨いたコンプリートカーは、日本市場においてはトレンドだ。トヨタはスポーツコンバージョン「GR」シリーズを展開しているし、日産はNISMOを冠したグレードを各モデルに幅広く設定している。最近、ステップワゴン・スパーダをベースに登場したホンダのModulo Xもそうした流れの中に含まれるだろう。

    スバル インプレッサは安価でも高級な乗り味をもつゴルフ要らずな国民車だ

STIという強いブランドを持ったスバルが、そのトレンドに乗って拡大してくるというのは不思議なことではない。すでにスバルの各モデルに設定しているSTI Sportは、インラインのコンプリートカーという見方もできるが、そうなるとブレーキシステムの大型化など、従来の「STI Sport」を超えたチューニングを受けたコンプリートカーを、どのように差別化するのかは注目したい。トヨタの「GR」シリーズは、「GR SPORT」、「GR」、「GRMN」といった具合にコンプリートカーの中にヒエラルキーを設定しているが、スバルも同じような展開とする可能性もある。

それはさておき、STIの意思を入れるグレードとして、e-BOXER(マイルドハイブリッド)を搭載したFORESTER Advanceが選ばれたというのは興味深い。その仕組みからエンジンメインで走るハイブリッドシステムだが、電動車両におけるSTIの存在感やチューニングの可能性を探るコンセプトカーと思われるからだ。

前述したトヨタ、日産、ホンダのコンプリートカーには電動車両が含まれており、すでにハイブリッドカーにおけるスポーティ仕様という提案はなされているが、パワートレインはそのままにサスペンションや空力でカスタマイズしているパターンもあれば、パワートレインの制御系まで手を入れているケースもある。

果たして、「フォレスターSTIコンセプトモデル」がどこまで手を入れ、どのような味つけを目指しているのかは東京オートサロンで確認するまでは不明だが、少なくともSTIによるハイブリッドチューンが、どのようなアプローチになるのかは、電動化時代におけるチューニングやスポーツ表現の方向性を示唆することになるだろう。

文:山本晋也
自動車コミュニケータ・コラムニスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します