現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 新型トヨタ カローラセダン、北米向けはスポーティなスタイル

ここから本文です
モーターショー 2018.11.29

新型トヨタ カローラセダン、北米向けはスポーティなスタイル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国トヨタは、米国で来春発売となる新型「カローラセダン」を発表した。

今春のニューヨーク・ショーでデビューした「カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツ)」に遅れること半年余り。12代目カローラへ追加されるセダンは、ハッチバック同様、トヨタがグローバル展開する設計思想「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づいて開発され、スポーティイメージの強いルックスで姿を見せた。

    日本もほぼこの形。トヨタ カローラ新型セダンは若者を意識したデザインに

エクステリアはワイド&ローを強調したデザインとされ、低重心化による俊敏なハンドリングも実現したとのこと。例えば、ボンネットは先代より10mm近く低められ、重心を下げることに成功している。また、フロントシートの着座位置も先代に比べより低く、後方に移動。ドライビングポジションだけでなく、前後重量配分も最適化された。

エントリーグレードは先代の1.8リッターガソリンユニットを出力を高めた上でキャリーオーバーするが、上位グレードでは新開発の2.0リッターガソリンを搭載。169馬力と205N・mを発揮するこの4気筒エンジンは、バルブタイミングをモーターで制御するVVT-iEなどの新技術により、40%という高い熱効率を実現し、同時に小型軽量化も達成したという意欲作だ。組み合わされるトランスミッションはCVTに加え6MTも用意される。

運転支援システムも、歩行者や自転車まで対応する自動ブレーキを始め、レーントレーシングアシストや標識認識装置がパッケージとなった「トヨタ セーフティ センス2.0」を装備し、コンパクトセダンとしては出色の内容となっている。

ほぼ同じタイミングで発表された中国向けカローラセダンが、ラグジュアリーとスポーティの2仕様をそろえるのに対し、米国向けはスポーティ1本で勝負となった。この辺りは顧客ニーズの違いだろうが、SUV人気全盛の中にあっても、中国と米国の二大市場ではまだまだセダン需要が旺盛。カローラセダンがグローバル市場でヒットを飛ばすことに期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します