現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

ここから本文です
モーターショー 2018.10.4

現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先代のカローラフィールダーよりも大型化!

 トヨタはパリサロン2018にて、カローラツーリングスポーツをワールドプレミアした。車名のとおり先日フルモデルチェンジしたカローラスポーツをベースにしたワゴンモデルで、欧州ではオーリスツーリングスポーツの後継という位置づけになる。これによりオーリスの車名はなくなり、カローラの名称でブランドを統一することになった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ボディサイズは全長4653mm×全幅1790mm×全高1435mmと、日本で馴染みのあるカローラのワゴン版、フィールダーに比べるとかなり大柄である。オーリスツーリングスポーツに比べると全長は58mm長く、ホイールベースは100mm伸びて2700mm。ハッチバックモデルと比べてみると全長は40mm拡大され、全高は25mm低くなっている。

 このカローラツーリングスポーツはベースのハッチバックと同じくTNGAを採用し、ポテンシャルを大きく向上。リヤサスペンションには新たにマルチリンクを採用するなど、要求の厳しい欧州市場に向けたチューニングが施されているようだ。

 インテリアは基本カローラスポーツに準じているが、ワゴン化されたラゲッジスペースは通常時のVDA方式で598Lを確保。荷室側からもレバーでワンタッチ操作もできる後席を両側倒せば、より広大なスペースを作り出すことができる。ほぼフラットな荷室は使いやすい印象だった。

 パワートレインはプリウス譲りの1.8Lハイブリッドのほか、新開発の2Lハイブリッド、そして1.2Lターボの3種類をラインアップ。2Lハイブリッドは欧州市場に向けたセッティングで、環境性能を確保しつつEV走行での最高速を115km/hとするなどパフォーマンスアップも達成している。

 これがカローラフィールダーとして日本導入されるかは未定で、日本市場へはボディサイズを抑えたモデルがあるのでは、との噂もあるが定かではない。ただしステーションワゴンとしてはかなり魅力的な存在であり、ぜひ日本導入を期待したいモデルであることは間違いない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP CARトップ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します