現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【モトを取るのに12年強!!?】「ストロング」より「マイルドHV」が得な理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.13

【モトを取るのに12年強!!?】「ストロング」より「マイルドHV」が得な理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、プリウスやアクアなどのフルハイブリッド車と違う、低出力のモーターを組み合わせたマイルドハイブリッド車が登場してきています。

 そこで、気になるのはフルハイブリッド車と、マイルドハイブリッド車と何が違うのでしょうか? 燃費や価格、走りに差はあるのでしょうか?

    【こんな車もう出ない!?】驚くほどの超個性派!! エポックメイキングな軽自動車 5選

 その差があまりなければフルハイブリッド車を選びたいところですが、実際のところ、フルハイブリッド車と比べて、マイルドハイブリッド車の費用対効果はどれくらい違うのでしょうか? モータージャーナリストの諸星陽一さんに解説してもらいましょう。

文/諸星陽一
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】マイルドハイブリッド搭載車/セレナ、スバルXV、デイズ&ekワゴン詳細

フルハイブリッド車とマイルドハイブリッド車との違い

■スイフトのフルハイブリッド車

スイフトのフルハイブリッド車はコンパクトながら瞬時に力を発揮する駆動用モーターを採用。駆動用モーターのみでのEV走行に加え、加速時にアクセルを強く踏み込むとエンジン出力にモーター出力を上乗せして力強くアシスト。伝達効率の良いAGSとの相乗効果により、低燃費と力強い走りを両立。また、充電や電力供給のためのパワーパックを荷室の下に収めることで、ゆとりある室内空間も確保

 クルマのパワートレインが変化するなか、1997年にトヨタがハイブリッド車のプリウスを発表して以来、日本ではハイブリッドモデルが数多く発売されてきました。

 そうした歴史のなかで、ハイブリッドのバリエーションのひとつとして「マイルドハイブリッド」なるものが登場しました。

 現在、マイルドハイブリッドと一般的なハイブリッドを明確に区分けするため、プリウスなどに採用されている普通のハイブリッドを「ストロングハイブリッド」と呼ぶことも増えてきました。

 ストロングハイブリッドの魅力は以下のようになります。

1:エンジンが不得意とする発進時などはモーターで行うことで力強い発進が可能になる
2:減速時に回生ブレーキを使うことでエネルギーの回収ができる
3:追い越し時などで強い加速が必要なときにモーターがアシストする
4:電気自動車と違い充電の手間がない
5:エンジンを始動しないEV走行が可能

 このうち、5のEV走行以外については、程度の違いはあるもののマイルドハイブリッド、ストロングハイブリッドの共通のことです。

 さらに言うなら、ワゴンRなどでは低速で短時間という条件を付ければEV走行も可能となっています。

マイルドハイブリッドは必要か?

■スバルのマイルドハイブリッド e-BOXER

スバルのマイルドハイブリッド、e-BOXERはフォレスターとXVに設定されている。両車種ともにFB20型2L直噴エンジン(145ps/19.2kgm)に13.6ps/6.6kgmを発揮するモーターを組み合わせている。e-BOXERのシステム制御は、発進や低速走行時などエンジン効率が悪い場合にはEV走行となり、加速時や中速走行時にはエンジンを駆動させ、モーターはその働きをアシストするモーターアシスト走行になる。エンジン効率のいい高速走行時にはエンジンのみで走行し、必要に応じてモーターを回して充電してバッテリーに充電する。減速時にはその減速エネルギーを電気に変換して充電し、停車時にはアイドリングストップを行う

■スイフトのマイルドハイブリッド

スイフトのマイルドハイブリッドシステム。発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーに充電。加速時には、その電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現するハイブリッドシステム

 こうなると、なにもマイルドハイブリッドではなくて、ストロングハイブリッドがあればいいじゃないか、と思う人もいるでしょう。

 はたしてマイルドハイブリッドは必要なものなのでしょうか?

 ハイブリッドやEVで強い力や電動での長い走行距離が欲しい場合は、現在の技術ではバッテリーを大きくする以外に方法はありません。

 そしてバッテリーを大きくすれば当然のように重量が増します。バッテリーの重量が増えれば、各種の性能に悪影響を及ぼします。

 それを克服するにはさらにバッテリーを大きくして……という悪循環に陥ります。そこで、適当なところでバランスを取るわけです。

 そのバランスの取り方でバッテリーがかなり小さい状態、モーターもそれにともなって小さなものとしたのがマイルドハイブリッドと考えればいいでしょう。

 ストロングハイブリッドにするためにバッテリーを大きくすれば、当然のように室内空間を圧迫します。

 しかし、マイルドハイブリッドならバッテリーもモーターも小さくて済みますので、室内空間への圧迫は少なくて済みます。ですので軽自動車やコンパクトカーではマイルドハイブリッドが使われる傾向があります。

■主なマイルドハイブリッド搭載車
●スズキ:スイフト、イグニス、クロスビー、ソリオ、ソリオバンデット、スペーシア、スペーシアカスタム、スペーシアギア、ワゴンR、ワゴンR スティングレー
※スイフト、ソリオ、ソリオバンデッドはマイルドハイブリッドとフルハイブリッドを両方とも設定
●日産:セレナ、デイズ
●スバル:XV/フォレスター
●三菱:ekワゴン&ekクロス

マイルドハイブリッドはどんなメリットがあるのか?

マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの価格差? 諸費用、燃費を考慮すると元が取れるのか?

 ではマイルドハイブリッドはユーザーにとってメリットがあるか? という面を検証していきましょう。

 まず、動力性能をはじめとしたドライバビリティを考えます。ストロングハイブリッド、マイルドハイブリッド、ピュアエンジンという3種のパワーユニットを備えるスイフトを例にします。

 幸いなことにスイフトは同じ1.2Lエンジン使って、3種のパワーユニットを作っているので比較サンプルとしては最良と言えます。

 なおスイフトはストロングハイブリッドといってもさほど大きなバッテリーを積んでいるわけではないので、重量増もわずかで室内空間への影響もラゲッジスペース容量の差程度に収まっています。

 ベースとなる1.2Lエンジンは91ps/12.0kgmを発生します。エンジンだけでも軽快な走りができますが、ここにISGと言われる装置が付いたマイルドハイブリッドになるとさらに走りがよくなります。

 ISGはオルタネーターをモーター&ジェネレーターとして使うような機構です。スペックは3.1ps/5.1kgmとかなり低いのですが、発進時などではアシストが効きちょっとした力強さを感じられます。

 ストロングハイブリッドは13.6ps/3.1kgmのスペックを持ちます。ISGに比べると明らかにパワフルで力強い印象です。

 ピュアエンジンとマイルドハイブリッドはミッションにCVTを使っています(ピュアエンジンにはMTもあり)が、ストロングハイブリッドはAGSというマニュアルミッションベースの2ペダルATを採用します。

 パワーユニットの力強さはもちろんなのですが、CVTよりもダイレクトな伝達フィールがあるので力強さはより増幅しています。

JC08モード燃費を比べてみると下記のようになっています。

●各パワートレインのJC08モード燃費
■ピュアエンジン RS(CVT)                                      24.0km/L
■マイルドハイブリッド ハイブリッドRS(CVT)   27.4km/L
■ストロングハイブリッド ハイブリッドSL(ASG)   32.0km/L

 これだけみるとストロングハイブリッドはかなりの魅力ですが、車両本体価格はストロングハイブリッドが高いという事実があります。各車の価格は下記のようになります。

●スイフトの各パワートレインの価格
■ピュアエンジン RS(CVT)                                           172万1500円
■マイルドハイブリッド ハイブリッドRS(CVT)        182万0500円
■ストロングハイブリッド ハイブリッドSL(ASG)     198万5500円

 ピュアエンジンとストロングハイブリッドの車両本体価格の価格差は26万4000円ですが、減税額の違いなどもあるので本体価格だけでは物事はすみません。

 スズキのホームページ上にある見積もりサイトで、見積もった乗り出し価格は以下のようになります。結果は2019年11月登録です。登録諸費用は概算額がプラスされています。

●2019年11月登録の場合 登録諸費用込み概算費用
■ピュアエンジン RS(CVT)                                           185万3365円
■マイルドハイブリッド ハイブリッドRS(CVT)        193万8365円
■ストロングハイブリッド ハイブリッドSL(ASG)     209万9665円

 こうして計算してみるとピュアエンジンとストロングハイブリッドの価格差は24万6300円ですが、ピュアエンジンとマイルドハイブリッドの価格差は8万5000円でしかありません。

 さて、JC08モード燃費を元に年間のガソリン代を概算してみましょう。ガソリン料金は税別で1リットル145円、年間走行距離を1カ月1000km走行するとして1万2000kmとします。

●各パワートレインの1年間のガソリン代
■ピュアエンジン RS(CVT)                                       7万9750円
■マイルドハイブリッド ハイブリッドRS(CVT)  6万9854円
■ストロングハイブリッド ハイブリッドSL(ASG)     5万9813円

 おもしろいことにそれぞれの差はおよそ1万円となりました。ピュアエンジンに比べて8万5000円高となるマイルドハイブリッドは8年半でモトが取れます。ストロングハイブリッドの場合は12年強の月日が掛かることになります。

 こうして比較するとマイルドハイブリッドならば、比較的モトが取りやすいということがわかります。

 スイフトのようにハイブリッド化によって圧倒的にパワーアップができるわけではない場合、とくにマイルドハイブリッドの存在に意義があると言っていいでしょう。

【画像ギャラリー】マイルドハイブリッド搭載車/セレナ、スバルXV、デイズ&ekワゴン詳細

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 小野正樹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mwc*****|2019/11/13 05:52

    違反報告

    細かなガソリン代を計算するより、ストロングハイブリッドの快適さの魅力が大きく、ストロングハイブリッドに乗っています。ストロングハイブリッドの静かさ、スムーズなスタートなど、自動車の専門家なら、自動車本来の魅力も伝えて欲しいですね。
  • red*****|2019/11/13 10:37

    違反報告

    ストロングハイブリッドはシステムを起動してもエンジンが回らない、ペダルの操作量と挙動、エンジン音との乖離が起こるなど運転フィールがめちゃくちゃ。
    今までのガソリン車に乗り馴れた人ほどまごつく。
    マイルドならばエンジンをモーターがアシストするのでまだ違和感が少ないと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します