現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1980年代ネオクラシックが魅力的! 手が届きやすい旧車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■現代のクルマにはない個性が、手の届きやすい価格でゲットできる!?

 現在、1980年代から1990年代のクルマの価格が高騰しています。とくにスポーティモデルは、新車価格を上まわる価格で取引されているケースもあります。

    ちょいワルオヤジに乗って欲しい! シブくてナウい国産セダン3選

 しかし、それほど価格高騰せずに、常識的な相場で取引されている旧車があり、なかには、いまでは見られなくなった魅力的なデザインのモデルもあります。

 そこで、旧車のなかから手が届きやすい価格で、個性的なデザインのモデルを5車種ピックアップして紹介します。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • s51*****|2019/11/12 07:25

    違反報告

    安全に走行するのに必要な部品はまだ買えるけど、パーツリストを見ていると現在価格が当時より1.8倍から2倍に消費税とかなり高額になる。見た目を良くするための部品は廃盤が多い。プラスチック製のドアロックノブ1個複製してもらうだけでも型から起こすとなると何十万円となるが、今の技術でもっと安く複製できないのかな?好きな人なら何十万も払うのは無理でも少々高いくらいなら買うだろうから隙間市場くらいにはなれると思うけどな。
  • asu*****|2019/11/12 07:06

    違反報告

    ランティスクーペ欲しい(^_^)v
  • tom*****|2019/11/12 07:56

    違反報告

    初期パジェロは良いタマが本当にない
    使い方が荒いのか程度の良い車体は見つからない
    グロリアとセドリックのワゴンは生産終了時点で中古車は高騰していた
    最近は程度の良い車体もなく部品欠品も増えてずいぶん相場は落ち着いた

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン