現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【グループAの名車09】ホールデン コモドールSSは大排気量V8でライバルを引き離す!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.7

【グループAの名車09】ホールデン コモドールSSは大排気量V8でライバルを引き離す!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1986年のインターTECで、意外な速さを見せてグループAレースファンの注目を浴びたのがホールデン コモドールだ。オーストラリアの自動車メーカーであるホールデンが1986年のインターTECに持ち込んだコモドールSS。見かけこそオーソドックスなサルーンカーだが、レース後半までトップ争いに絡んで富士スピードウェイに詰めかけた観客を沸かせる活躍を見せた。

5LのV8 OHVエンジンが最新のDOHCターボ車を引き離す!
1986年のインターTECに参戦したのは、HDT(ホールデンディーラーチーム)のコモドールSS。エンジンは5LV8OHVでノーマルでは最高出力263hp/5200rpmを発生していた。それをグループAでは420hp/7000rpmにまでチューニングしていた。すでに電子制御インジェクションがあたりまえだった時代にキャブレター仕様だったのも印象的だ。燃料タンク容量は120Lとなっていた。

    【東京モーターショー】ダイハツのブースに市販予定のコンパクトSUVがサプライズ出展!

車両重量は1325kgと当時としては重量級だが、トルクの厚さを生かしてモリモリ走るイメージのマシンだ。

サスペンション形式は、フロント/ストラット、リア/5リンクリジットという組み合わせ。グループAの走りに対応するために、ゴムブッシュはピロボールに変更。ショックアブソーバーはビルシュタイン製が仕様されていた。

ブレーキは前後とも4ポットキャリパーにベンチレーテッドディスクローターの組み合わせ。ホイールサイズは10J×16もしくは17、タイヤサイズは265/630-16もしくは17をチョイスした。

インターTECにはP.ブロック/A.モファット組(14号車)とA.グライス/G.クロスビー組(27号車)の2台が出場した。予選ではトラブルもあり、それぞれ6位、7位という位置だった。続く決勝では、1周目、14号車が3位、27号車が5位に上がった。14号車はさらに2位に順位を上げトップ追うが、94周でシリンダーヘッドにクラックが入りリタイアとなる。

変わって27号車が終盤まで優勝したボルボの後を追い2位につけるが、残り7分で左前輪が外れるというトラブル。それでも諦めず観客からの大声援を受けながら3輪でゴールインし、5位という結果だった。この後、14号車は国内チームに売却され、1987年の全日本ツーリングカー選手権にも参加することになる。国内では大活躍とは行かなかったが、印象に残る一台だ。

グループAの名車バックナンバー

[ アルバム : 1986年インターTECのホールデン コモドールSS はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します