現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「この内装から車種が分かる人はどれだけいるだろう・・・」デジタルメーター化で古さを完全払拭!

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.4

「この内装から車種が分かる人はどれだけいるだろう・・・」デジタルメーター化で古さを完全払拭!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解はビート! 全ての機能を活かしつつS2000メーターを移植!

インテリアからエクステリアまで拘りが満載!

    「この内装から車種が分かる人はどれだけいるだろう・・・」デジタルメーター化で古さを完全払拭!

内装メイクで人気が高いメーターまわりのカスタム。LED化やベゼルリングの追加なんていうのは定番だ。しかしこのビートの場合「バイクのような純正3連メーターのデザインが気に入らない!」ということで、多車種のメーター移植を決意。

そこで候補として選ばれたのが、同じホンダ車であるS2000のデジタルメーターだった。ただし形状は全く違うし、3気筒エンジンを搭載するビートと4気筒エンジンを搭載するS2000では車速信号なども別モノ。その難関を見事クリアしたのが、スワップチューニングの名手「プロバイル」だ。

配線を睨めながらコツコツと作業しつつ、いかに純正風にレイアウトできるかまで考えながら内装カスタムを敢行。相当苦労したそうだが、その完成度は素晴らしいの一言。正直言って、内装の写真だけ見たらビートと気づく人は少ないだろう。それほど自然なのだ。

「エンジンをかけるときのオープニングセレモニーがたまんない!」とはオーナー。S2000独特のメーターアクションはもちろん、回転数や車速、水温や警告灯などまで全て正常に作動する。

メーターと合わせてS2000のエンジンプッシュスターターも移植。エンジンスタート方法もS2000同様に、キーをイグニッションの位置に回してスタータースイッチを押すという流れだ。

純正風に見えるダッシュボードだが、ノーマルはトレイっぽい形状になっていてS2000メーターと組み合わせとバランスが悪い。そこでダッシュボードの形状をリメイクして、部分的にバックスキンを貼り込んでいる。ちなみに、内装に関して純正部分はほとんど残っていないそうだ。

そんな内装を手にしたビートの外装は、USレーシングのフロントバンパーやコージーライツのリヤバンパー、無限のサイドステップなどでコーディネイト。

リヤは、RSマッハ製ハードトップを加工して、NSXのようにハッチ部分からエンジンルームが見えるように改造。もちろん開閉も可能だ。もともとレース用部品のため、エンジンルームとコクピットの仕切りはないが、快適性と見た目も考慮して隔壁を追加している。エンジン本体は吸排気のライトチューン仕様だ。

オーナーいわく「自然すぎちゃってミーティングでも気づいてもらえないのが悩み」とのことだが、ビート乗りからしたら垂涎モノの究極インテリアだろう。ともあれ、不可能を可能にするプロバイルの技術力には感服だ。

●取材協力:プロバイル 兵庫県佐用郡佐用町宗行41-2 TEL:0790-83-2238

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します