現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが一般人向けの自動運転体験会を開催!2020年夏にお台場で実施へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.25

トヨタが一般人向けの自動運転体験会を開催!2020年夏にお台場で実施へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタの自動運転技術は都内の複雑な道路環境に耐えうるか?

 トヨタが設立した米国の研究所「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」(以下、TRI)は、2020年7月から9月にかけて、自動運転実験車「TRI-P4」を使用し、東京都内で一般の人を対象とした、同乗試乗をおこなうと発表しました。

    マツダ初の量産電気自動車はSUV!「MX-30」がワールドプレミア

 今回おこなわれる自動運転は、レベル4相当になるというのですが、具体的にはどのような同乗試乗がおこなわれるのでしょうか。

 今回、同乗試乗に用いられるTRI-P4は、レクサス「LS」をベースに開発された自動運転実験車で、開催エリアは、交通量が多く渋滞も頻繁に起きる東京のお台場地区でおこなわれます。

 お台場の交通環境は複雑で、歩行者・車両が入り交じる交通状況、さまざまな道路インフラやガラス張りの背の高いビルなどの厳しい環境の下、トヨタは自動運転技術の実力を示すことになります。

 TRIのCEOであり、トヨタのフェロー(高度な専門性を有する役員)であるギル・プラット氏は、同乗試乗について次のように話します。

「お台場の複雑な交通環境で、自動走行を成功に導くということは、限られた短い時間の中で技術をより早く向上させるという、高い目標を自らに課すことにほかなりません。

 同乗体験の実施に向け、TRIはトヨタの先進技術開発部門と、東京に本拠を構え、TRI-P4の自動運転ソフトウェアの実用化を担当している『トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント』(TRI-AD)とともに一体となり開発を進めています」

 TRIは、TRI-P4の自動運転技術のテストを、米国ミシガン州・オタワレイクのテストコースでも実施しています。TRIはこのコースで、P4実験車が自動走行する場所の厳しいインフラの特徴や、運転シナリオを再現しました。

 さらなるテストについては、お台場のほか、TRIの研究拠点であるミシガン州アナーバー、カリフォルニア州ロスアルトスの周辺の公道でも実施しています。

 この同乗試乗については、参加希望者が登録をしたうえで、参加者が決定する予定です。また実験車には、日本の交通法規のもと、同乗試乗中も、万が一の事態に備えるためのセーフティドライバーが運転席に座る予定となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します