現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代SR400も登場!中型排気量が勢いを増した時代【日本バイク100年史 Vol.015】(1978-1979年)<Webアルバム>

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.20

初代SR400も登場!中型排気量が勢いを増した時代【日本バイク100年史 Vol.015】(1978-1979年)<Webアルバム>

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ホンダ ウイングGL400 1978 年 3月
先に発売されたGL500の中型免許対応版で、吸気系をヒザの間に収める目的でシリンダーをクランク軸に対し22度ひねっている。縦置きOHV4バルブVツインは共通のレイアウト。超ショートストローク化などにより、9500rpmを達成し、リッター100PSをマーク。駆動はメンテナンスフリーのシャフトドライブだ。

    東京モーターショー2019のヤマハブースはすごいことになりそう!

ヤマハ SR400 1978 年 3月
ビッグトレールXT500のOHC単気筒をロードスポーツ向けにリセッティング、ダウンチューブをドライサンプのオイルタンクとして使用した、セミダブルクレードルフレームに搭載したビッグシングルのパイオニア。エンジンは、同時に登場したSR500のストロークを短縮したものだが、500に比べて吹け上がりが軽快になった。

スズキ RG250 1978 年 6月
当時、400ccベースが多かった250ccモデルだが、あえて専用設計として極めて軽量な車体を実現。さらに30馬力を発生する空冷2ストツインのパワーによって、シャープな走りを取り戻した。当時のプロダクションレースでも大活躍し、後年の2ストレプリカブームの布石ともなった隠れた名車。

ホンダ XL250S 1978 年 6月
迫力のフォルムと軽量なボディ、そして2ストオフローダーに劣らない優れた走行性能で、4ストオフローダーの代名詞となるほどにXLの名を世に知らしめたモデル。専用に開発されたというフロント大径23インチタイヤが最大のセールスポイントで、このタイヤがオフロードでの走破性の実現に大きく貢献している。

ヤマハ RD125III 1978 年2月
RD125の最終型。76年モデルからの変更点はカラーグラフィックのみで、ピンストライプの入ったレッドとホワイトにチェンジされた。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
【ニッポンのバイク112年歴史】月刊オートバイの「バックナンバー」はこちら!

オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
オートバイ 2019年2月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.17

モーターマガジン社 (2018-12-28)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します