現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型カローラ2.2万台/発売1カ月の受注 月販計画の2.3倍/トヨタ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

新型カローラ2.2万台/発売1カ月の受注 月販計画の2.3倍/トヨタ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は17日、新型「カローラ」シリーズの合計受注台数が9月17日の発売から1カ月で月販計画の2・3倍にあたる約2万2千台になったと発表した。スポーティな外観や上質な走り、ディスプレーオーディオの搭載で使い勝手を高めたコネクテッドサービスなどが好評を得ているという。

 内訳は全面改良したカローラ(セダン)が5400台(月販計画1700台)、カローラツーリング(ステーションワゴン)が1万3700台(同5400台)、一部改良したカローラスポーツが3千台(2300台)。グレード別の受注実績はカローラでは中級グレードの「Sグレード」が約4割、カローラツーリングでは上級グレード「W×B」が約5割を占める。

    トヨタのディスプレイオーディオ、ナビ業界揺るがす 用品売上げの〝大黒柱〟がなくなる…

 また、安全装備では廉価グレード「G―X」でオプションとなっているインテリジェントクリアランスソナーの選択率は約8割だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します