現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “カロゴン”が驚くほどスタイリッシュになった! 新型トヨタ カローラ ツーリング登場!

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.17

“カロゴン”が驚くほどスタイリッシュになった! 新型トヨタ カローラ ツーリング登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月17日、トヨタ自動車は、新型「カローラ」を販売開始した。ボディ形状はセダン、ステーションワゴン、5ドアハッチバックの3タイプである。

ステーションワゴンは、これまで「カローラ フィールダー」の名で販売されていたが、新型は「カローラ ツーリング」の名に変更された。

    ついに3ナンバーへ! 大きく立派になった新型カローラ セダン登場!

ボディは5ナンバーから3ナンバーに拡大された。エクステリア・デザインはグローバルモデルと共通コンセプト(先代モデルは日本国内専用デザイン)。新型カローラ ツーリングは、従来のカローラ フィールダーが5ナンバーボディだったのに対し、3ナンバーボディに拡大された(全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mm)。

エクステリア・デザインはこれまでのカローラ フィールダーよりも、ワイドかつ流麗だ。広報資料には「TNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォームの採用により低重心なシルエットを実現」と記されている。また、樹脂製のバックドアを採用した結果、より立体的な造形を果たせたという。

バックドアは樹脂製。なお、ステーションワゴンのほかセダン、5ドアハッチバックが選べる。インテリア・デザインはセダンや5ドアハッチバックと共通である。インパネ上部には、トヨタ初のディスプレイ・オーディオを設置(全車標準)。スマートフォン内蔵のアプリケーション(LINEナビ)を、ディスプレイ・オーディオに表示出来る。なお、従来のカーナビゲーションも装着出来るという(オプション)。

インパネ上部のディスプレイ・オーディオは全車標準。また、下位グレードを除き、パーキングブレーキは電動タイプ。リアシートのバックレストは40:60の分割可倒式。電動格納式ドアミラーやオートエアコン、オーディオコントローラー付きステアリング・ホイールなどの快適装備は全車標準。衝突軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、オートマチックハイビームなどを含む先進安全装備群「Toyota Safety Sense」も全車標準である。

ラゲッジ・ルームには、新たに「リバーシブルデッキボード」を設置。ラゲッジ・ルームフロアを2段階に調整出来る(ハイブリッドの4WD車は調整不可)。また、デッキボードは裏返しても使える。なお、裏側は樹脂製ゆえ、汚れなどを拭き取りやすい。

リアシートのバックレストをすべて格納すると、前輪を外さすに、大型のマウンテンバイクも積める。ラゲッジ・ルームは、新たに「リバーシブルデッキボード」を設置。ラゲッジ・ルームフロアを2段階に調整出来る(ハイブリッドの4WD車は調整不可)。ライバル不在搭載するパワーユニットはセダンとおなじく3種類(ガソリン・エンジン+モーターのハイブリッドと自然吸気のガソリン・エンジン、そしてガソリンターボ・エンジン)。

ハイブリッドは1.8リッター直列4気筒ガソリン・エンジン(最高出力98ps/5200rpm、最大トルク142Nm/3600rpm)とモーター(最高出力53kW/最大トルク163Nm)を組み合わせる。

自然吸気のガソリン・エンジンは、1.8リッター直列4気筒(最高出力140ps/6200rpm、最大トルク170Nm/3900rpm)、ガソリンターボ・エンジンは1.2リッター直列4気筒(最高出力116ps/5200~5600rpm、最大トルク185Nm/1500~4000rpm)。トランスミッションはハイブリッドが電気式無段変速機、1.8リッター直4NAがCVT、1.2リッター直4ターボは6MTになる。

中間グレードのアルミホイールは16インチ。エントリーグレードは15インチのスチールホイール、上級グレードは17インチのアルミホイールになる。価格は1.8リッター直4NA搭載モデルが201万3000円~236万5000円、1.2リッター直4ターボは245万8500円、ハイブリッドが248万円~299万7500円。セダンとの価格差は、グレードにもよるが5万円前後になる。

先代カローラ フィルダーの価格が164万円2000円~253万6920円だったから、新型は約40万円~50万円の価格アップだ。ハイブリッド&ガソリンNAが1.5リッターから1.8リッターに拡大され、かつ快適&安全装備が大幅に拡充されたゆえ、致し方ないだろう。なお、先代のカローラ フィールダーも当面は継続販売されるという(グレード構成は変更)。

先代のカローラ フィルダーは、当面、継続販売されるという。ライバルを調べると、おどろくほど少ない。価格帯が近いクルマはホンダ「シャトル」になるものの、ボディサイズがひとまわり小さい。ボディサイズが近いのはフォルクスワーゲン「ゴルフ ヴァリアント」だけれど、こちらは価格差が大きい(エントリーグレードの価格は293万円)。ほかにも調べたが、ボディサイズと価格、ともに近いライバルは皆無だった。

Printホンダ「シャトル」は「フィット」をもとに開発されたステーションワゴン。ボディサイズは5ナンバー枠に抑えられている。かつて気軽に購入出来るステーションワゴンとして一斉を風靡した“カロゴン”(カローラ ワゴンの略称)が、これほど立派に、そして豪華になってしまったことに、違和感を覚える人もいると思う。が、ゴルフをはじめあらゆるベーシック・カーが豪華になった今、それも当然ではある。はたして、新型カローラ ツーリングはかつての“カロゴン”のように人気を得られるのか? 気になるばかりだ。

文・稲垣邦康(GQ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tor*****|2019/09/17 18:51

    違反報告

    >ほかにも調べたが、ボディサイズと価格、ともに近いライバルは皆無だった。


    ホンダ「ジェイドの5人乗りはいかがですか?」
  • kan*****|2019/09/17 16:46

    違反報告

    驚くほどスタイリッシュになった反面、3ナンバー化したボディのためフィールダー比約100kg以上重たくなってしまった。ただ、設計が新しい分、足回りも4独化、ブレーキも4輪ディスクが奢られており、そこは評価できるところ。以前のオーリスのように廉価版は足回りやブレーキをチープなものにする手抜きを止めたところはいいと思う。
  • rex*****|2019/09/17 15:37

    違反報告

    1.8L直4が追加されたのは評価できる。
    しかし…最大トルクが170Nmしかないのか。これはキツイ。せめて200Nmは欲しかったが。
    直3ターボをなるべく早くお願いします。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します