現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 迷走する名門車 ホンダオデッセイはなぜ凋落したのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1994~1999年に販売していた初代オデッセイは、日本自動車史に残る評判と売れ行きを残した。デビュー直後こそ(新たなカテゴリーの挑戦者はたいがいそうだが)あまり売れ行きは伸びなかったが、翌年には人気が爆発。月販1万台以上売り上げ、1995年の車名別月間販売台数ランキングで登録車1位に輝いた(年販12万5590台)。

 しかしそれから24年、今では月販1000台そこそこ、5代目となる現行型オデッセイはホンダの中でも影の薄いモデルとなってしまった。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • isa*****|2019/09/18 03:31

    違反報告

    今のオデッセイもいい車なんだけどなぁ
  • zet*****|2019/09/18 03:33

    違反報告

    価格が高くなりすぎた。それに尽きる
  • yac*****|2019/09/18 03:34

    違反報告

    ホンダ車は高いし最近のデザインがパッとしない。昔のホンダ車は外観が非常にスッキリして魅力的だったし、カスタムも豊富で良かったのに最近はゴテゴテしたデザインが多くなった気がする。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン