現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高価なタイヤなのになぜ? 新型トヨタ・スープラはなぜ最廉価グレードのみランフラットを採用するのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 万が一のパンクでも安全な場所へ移動できるのが強み

 トヨタの新型スープラは、もっとも廉価なグレードであるSZにのみランフラットタイヤを標準装着している。より上級のSZ-Rと最上級のRZは、非ランフラットだ。これは、共同開発が行なわれたBMWのZ4も同様であり、スタンダードはランフラットタイヤを標準装着するが、それ以上のグレードは非ランフラットとなっている。

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

 スープラは、基本的な部品についてZ4と共用しており、それをどのようなクルマに仕立てるかでトヨタの独自開発が行なわれた。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン