現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あの日産の名車(迷車)が途絶えた理由と復活できない事情 3選

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.16

あの日産の名車(迷車)が途絶えた理由と復活できない事情 3選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついに日産キューブが2019年12月で生産終了、モデル廃止というニュースが飛び込んできた。

 一時代を築いた人気モデルではあったが、もはや潮時だったのだろう。このキューブのように、これまで何台もの日産の名車(迷車)が、絶版となってきた。

    えっ!? マイナーチェンジにそんな秘密が!? 意外に知らない「マイチェンでやってること」

 今回は、そうしたクルマ達に目を向け、途絶えた理由と、復活の可能性について、元日産開発エンジニアの筆者が考察する。

文/吉川賢一
写真/NISSAN

ほかにもあった日産の名車(迷車)のギャラリーはこちら

熱意不足では復活できない180SX

180SX(初期型1989~、中期型1991~、後期型1996~1998年)

■どうして絶版に?

 180SXは、シルビア(S13型)の姉妹車として1989年にデビューした。

 シルビアが2ドアクーペ&固定ライトであるのに対し、180SXはファストバックの3ドアハッチバッククーペ&リトラクタブルヘッドライトが特徴的だった。海外向けモデルとして存在していた240SXの日本仕様が180SXという位置付けでもあった。

 発売当初、1809ccだったエンジンは、1991年に行われたシルビアのマイナーチェンジに伴い、1998ccとなった。この「SR20DET型」エンジンは、直列4気筒DOHCターボチャージャー付、最高出力は205psを誇っていた。

 また1996年8月のビッグマイナーチェンジでは、スカイライン風の丸型リアコンビネーションランプへの意匠チェンジとともに、「SR20DE型」 直列4気筒DOHC(最高出力140ps)を搭載するタイプSも設定された。

 しかしながら、デビューから9年が経った1998年12月、S15シルビアに統合される形で生産終了となった。

■復活の可能性は?

 復活してほしいものだが、フェアレディZですら存続が怪しい状況。180SX復活は残念ながら可能性はゼロに近い。

 トヨタ86が出た当初は、日産内でも「小型FR」案が立ち上がったようだが、おそらく日産は、「ビジネスにならない」と、冷静に判断してしまったのだろう。

 こうした小型スポーツカー開発は、メーカーに「スポーツカーに対する熱意」がないと難しいのが現実なのだ。

ステージア絶版の背景にSUV人気

ステージア(初代1996~、二代目2001~2007年)

■どうして絶版に?

 1990年代、クロカン人気と同時にやって来たのがステーションワゴンブームだった。

 レガシィツーリングワゴンを筆頭に、カルディナ、アベニール、アコードワゴンといったミドルクラスのステーションワゴンが人気で、ハイパワーな国産Lクラスステーションワゴンはほぼなかった。そんななか、1996年に登場したのが日産ステージア(WC34)だ。

 初代ステージアはローレル/スカイラインのシャーシを採用し、駆動方式はFRもしくは4WD。サスペンションもスカイラインと同じマルチリンク形式を採用するなど、まさに「スカイラインワゴン」といった様相だった。

 エンジンは直列6気筒エンジンが3種類用意され、1997年には、オーテックジャパンからR33型スカイラインGT-RのRB26DETTエンジン(280ps)やドライブトレイン、リアサスペンションを流用した「260RS」が登場、超快速ステーションワゴンとして人気となった。

 2001年、M35型へとフルモデルチェンジ。V35型スカイラインと同様にFMプラットフォームを採用したが、海外を見ていたスカイラインとは異なり、ステージアは国内専売としていた。エンジンはV型6気筒のVQ型エンジンへと移行、高級ステーションワゴンのコンセプトを継続した。

 2003年には特別仕様車「アクシス350S」が登場、VQ35DE型エンジン(280ps)が搭載され、ミッションには6速MTと、これもまたマニア心をくすぐる1台だった。

 しかし、押し寄せるSUV人気には打ち勝てず、2007年にひっそりと隠れるようにモデル消滅となった。

■復活の可能性は?

  可能性はゼロではない。素敵な商品企画が出れば、すぐにでも開発されるだろう。昨今のSUV人気はピークを迎えつつあるように感じる。今ならば、逆にステーションワゴンが、マーケットで目新しく映る可能性はある。

 BMWやベンツ、アウディといった輸入ステーションワゴンに対し、圧倒的に安いか、はたまた、ものすごく尖がっているか、こうしたウリとなるセールスポイントが見いだせれば、復活の可能性はあるだろう。

濃すぎる個性が災いしたキューブキュービック

キューブキュービック(1代のみ 2003~2008年)

■なぜ絶版に?


 2003年当時、今では考えられないほどに、キューブは爆発的に売れていた。日本中のどこを走っていても、キューブを見ない日はなかったそうだ。

 キューブキュービックのベースとなったキューブは、2002年にモデルチェンジされた2世代目。

 キューブキュービックは、キューブに対してホイールベースを170mm延長し、そのスペースに緊急時用の3列シートを備えた、7人乗りだった。いざというときに7人乗せられるという安心感が、当時のユーザーに大ウケした。

 ただし、3列目はあくまで折り畳んだ状態が前提で、2列目を前に出さないとレッグスペースはほぼない程のスペースだった。

 子供を駅まで迎えにいったら、近所の友達もいたので、ついでに家のそばまで送っていく程度の、ほんの20分程度が限界だったそう。しかし、デザインのよさに加え、キューブよりもちょっとだけ荷室に余裕が持てたことで、優秀な存在となった。

 その後、2008年に3代目キューブが登場、ホイールベースを2530mmに延長し、前型キューブ(2430mm)とキュービック(2600mm)のほぼ中間まで増やしたことで荷室の広さを確保する形となり、キューブキュービックは1代のみで廃止となった。

■復活の可能性は?

 キューブキュービックとしての復活はまずないだろう。e-POWER化を幾度となく期待されていたが、残念ながらその道も絶たれた。

 後継車はノートやデイズなのだろうが、キューブは、あの日産にしては珍しくデザインのアイデンティティが確立されていたモデルだった。モデル廃止が非常に惜しい一台だ。

 キューブの消滅は、個人的には、今年一番悲しいニュースかもしれない。

 日産は、自動運転技術「プロパイロット」や、リーフやe-POWERによる電動化技術など「技術のニッサン」に、ブランド回復を託しているように感じるが、日産が売っているのはクルマだということを、忘れないでほしい。

ほかにもあった日産の名車(迷車)のギャラリーはこちら

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 林眞人)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sor*****|2019/09/16 04:46

    違反報告

    日産のお偉いさん、
    競争力がある会社なのに新型ジュークは売らない
    キューブもやめてしまうなんて、
    まるで日本から出て行く支度をしているようにしか
    見えないんだけど。
  • kik*****|2019/09/16 04:03

    違反報告

    で理由はどこに書いてあるの?
  • sgx*****|2019/09/16 03:52

    違反報告

    レパード。。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します