現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NSXがFR車に!! 2020年SUPER GTに挑戦するホンダの英断

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.12

NSXがFR車に!! 2020年SUPER GTに挑戦するホンダの英断

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月11日、鈴鹿サーキットで2020年SUPER GTシリーズGT500クラスに参戦するトヨタ、日産、そしてホンダのGT500マシンが披露された。大きく変更されるレギュレーションに、一時はホンダの撤退もウワサされたが、どうやらそれは杞憂に終わったようだ。

一見、FRとは思えないプロポーション
2020年にクラス1規程が導入されると、NSXは出場出来なくなるのではないか。そんな心配は無用だった。9月11日に鈴鹿サーキットで披露された2020年SUPER GTシリーズ GT500クラスに「NSX-GT」は参戦する。

    【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち!

ただし(ここが大きなポイントだ)、エンジンはフロントに搭載し、リアタイヤで駆動する。つまり駆動方式は他のGT500マシンと同様のFRとなる。空力性能とデザインはNSXのイメージを踏襲するも、ミッドシップMRからFRへの一大変化はホンダ・ファンにとってはまさに事件だ。

今回の大変更は、新たに導入されるクラス1規程によるもの。現在のSUPER GTも共通モノコックの使用と後輪駆動が義務づけられていたが、NSX GTのみMRが認められていた。すなわち、エンジンの搭載位置は「基本車両の搭載位置に車両前後方向で位置されなければならない」となっていたからだ。これがクラス1規程では「搭載されるエンジンは、車室より前部に配置されなければならない」と変更された。つまり、フロントエンジン/リアドライブ=FRに統一されるのだ。

そこで注目が集まっていたのがホンダの動向。新レギュレーションの導入でミッドシップ/リアドライブで闘ってきたホンダはどうするのか。今シーズン限りで撤退するかも知れない、という悲観的なウワサさえ流れた。

そして迎えた9月11日。鈴鹿サーキットには、トヨタGRスープラ、ニッサンGT-RニスモGT500、そしてホンダNSX-GTの3台が無事に揃った。国内最高峰のレースだけに、トヨタ、日産、ホンダが揃わなければ意味がない! ファンは胸をなで下ろしたことだろう。

さて、現時点でNSX-GTの詳細は明らかにされていない。写真をご覧いただければわかるとおり、NSXのイメージを再現しており、FR車らしいプロポーションではない。ただ、よく見ればボンネットにはわずかに厚みが加わり、そこにエンジンが搭載されることは明らかだ。また、フロント奥にはラジエータらしきも見える。さらに右サイド出しとされたエキゾーストも、ミッドシップではなくFRであることを如実に物語る。

本格的な開発はこれからが本番。9月12日から始まるテストには参加しないようだが、2010年-2013年のスーパーGTに参戦していたHSV-010 GT以来のFRレーシングマシンだけに、さまざまな試行錯誤が繰り返されるはず。果たして来シーズン、どんな活躍を見せるのか。三つ巴の闘いがいまから楽しみだ。

[ アルバム : ホンダNSX-GT(2020) はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ang*****|2019/09/12 13:34

    違反報告

    ベース車両がはあると言っても中身はガチガチのレースカーだからね。
    別にMRに拘らなくても良いんじゃないかなと思う。
    GT-Rだって実車は四駆なんだし。
  • yos*****|2019/09/12 12:51

    違反報告

    スーパーGT自体、ガワと中身がちぐはぐなレースだからね
    ウェイトハンデとか含めて完全なる素人向けの見世物レースって感じで全然面白くない。
  • sta*****|2019/09/12 13:23

    違反報告

    これでガチンコ勝負が出来る!
    旗艦のミッドシップを捨ててまでれーにかけるホンダイズムに拍手‼︎

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します