現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「シビック」復活から2年 大型化したシビックは日本市場のニーズにマッチしたのか!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■シビック誕生から47年を経た最新モデルはどう変わったか

 主力市場が北米ということもあり、現行モデルはかなり大型化したホンダ「シビック」。一時は日本市場から姿を消しましたが、2017年に復活を果たし丸2年が経ちました。復活時は日本でも反響が大きかったようですが、大型化したシビックは果たして日本市場で受け入れられたのでしょうか。

    なぜホンダの技術はマネされない? 他社が「センタータンク」採用しない理由

 ホンダを代表する小型車といえば「シビック」です。初代の発売が1972年ですから2019年で誕生から47年を迎え、現行のホンダ車(4輪車)のなかではもっとも長い歴史があります。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン