現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あおり運転対策にも役立つヘルプネットやオペレーターサービスの賢い活用法

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.8

あおり運転対策にも役立つヘルプネットやオペレーターサービスの賢い活用法

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ、あおり運転被害が社会問題になっている。あおられないような運転を心がける(高速道路の追い越し車線をのんびり走るのもあおられる一因)、360度ドライブレコーダーを装備するなどの対策ももちろん重要だが、もうひとつ、走行中の緊急事態から身を守ってくれる先進機能がある。

それはヘルプネット=SOSコール、コネクテッドナビを利用したオペレーターサービスである。ヘルプネットとは、緊急自動通報システムのことで、エアバッグが展開するような場面ではヘルプネットセンターに車載通信機器から自動通報され、スピーカー&マイクを介したオペレーターの呼びかけにドライバーが応じない場合、救急車や警察、ドクターヘリなどを手配してくれるサービスだ。車両から自動で送信された位置情報にもとづいて救急車両を手配するため、住所がわからない場所や場所が説明できない状況でも車両の位置をオペレーターが把握して対応してくれるのが大きな特徴となる。

    軽自動車の安全性能はどこまで進化したのか?ホンダの衝突安全テストに密着

救急救援が必要な場合、ヘルプネットセンターでは、事故地点の緯度経度情報に基づき、全国数千ヶ所に及ぶ救急機関の中から、適切な機関を自動的かつ瞬時に検索し伝達するため、通報時間を大幅に短縮することが可能になるというから心強い。

もちろん、スイッチ操作で任意に利用することもでき、運転中の急病、そして、あおり運転被害時にも、ハンズフリーのまま、ヘルプネットセンターを通じて警察に通報することができるのだ。しかも、GPSによって自車の位置をオペレーターが確認できるので、より迅速で正確な通報、対処が可能になる。

ヘルプネットをOP設定するC-HR

あおり運転被害にあったときの一例として、ヘルプネットと警察の連携により、自車の誘導を行ってくれて、パトカーと合流・・・という流れもありうる。

そんな、あおり運転被害にも絶大な威力を発揮し、安心をもたらしてくれる機能は、これまで、レクサス(G- Link)やトヨタのクラウンなどの高級・高額車に設定されていた先進機能だが、今ではトヨタ、日産、ホンダ、マツダなどの幅広い車種に用意されている(標準装備またはオプション)。

ヘルプネット標準装備のクラウン

G- Link標準装備のレクサスLS

画期的と思えるのは、軽自動車の新型日産デイズ全グレードにもオプション設定されていることだ。日産コネクトナビを装着することで10年間無料!のオペレーターサービスも利用でき、装備の使い方や故障修理の案内はもちろん、グルメ案内、走行中に設定できないナビの目的地遠隔操作設定など、さまざまな要望、操作に応えてくれるのだ。

軽自動車初のヘルプネット搭載車のデイズ

そのほか、トヨタではほとんどの車種にオプション(アクア、プリウス、カムリ、C-HR、ピクシス系軽自動車など)、または標準装備(RAV4、アルファード&ヴェルファイア、クラウン、カローラスポーツ、プリウスPHVなどの最新モデル)されている。

ヘルプネットを用意するプリウス

プリウスのヘルプネットスイッチ

ヘルプネット標準装備の新型RAV4

RAV4のヘルプネットスイッチ

ホンダ車も、ヴェゼル、オデッセイ、ステップワゴン、フィットなど、ほとんどの登録車にオプションとして設定済みだ。マツダもマツダ3からマツダエマージェンシーコール(D-Call Net)を用意している。

ヴェゼルのヘルプネットはOP

D-Call Netを用意するマツダ3

マツダ3のD-Call Netスイッチ

個人的にヘルプネット、純正ナビによるオペレーターサービスは、自動ブレーキを始め、レーンキープ機能、前後踏み間違い制御機能やブラインドスポットモニターなどの先進安全支援機能、360度ドライブレコーダーに次ぐ、安心・安全装備だと思っている。使わないのに越したことはないが、いざという時、あるとないのとでは、命にもかかわる、大きな差がつくと思っている。

オペレーターサービスとヘルプネットを用意するRAV4

プリウスのオペレーターサービス画面

現時点でオペレーターサービスやヘルプネット非搭載のクルマに乗っていても、ハンズフリー電話機能があれば、そのメモリダイヤルに警察をセットしておけばいい。それなら2タッチのハンズフリーで警察に通報可能だ。とはいえ、次期愛車には、自車の位置まで把握できるオペレーターサービスとヘルプネットを装備できるクルマを候補にしてはいかがだろうか?

ハンズフリー電話機能スイッチ

ハンズフリー電話機能画面の例

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します