現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10年以上改良なしの放置プレー車も! 4年ごとが定番だったフルモデルチェンジのサイクルが伸びているワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そもそもフルモデルチェンジは商品力を維持する目的

 20世紀の国産車は、いまでは考えられないほどハイペースでモデルチェンジを繰り返していた。4年ごとのフルモデルチェンジ、2年目にマイナーチェンジというのが当たり前といった状況だった。そのため、どのタイミングがクルマの買い時になるかということは悩ましかったし、自動車雑誌などで研究したものだ。しかし、最近はフルモデルチェンジのサイクルがずいぶんと伸びている。

    トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

 そのかわり、毎年イヤーモデル的に改良を加えて、新鮮味を維持するような傾向にある。なぜ、モデルチェンジのサイクルは伸びているのだろか。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン