現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車が「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展。電動車の新たな価値を提案

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.17

三菱自動車が「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展。電動車の新たな価値を提案

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月16日、三菱自動車は7月17~19日にポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展することを発表した。

アウトランダーPHEVの技術などを紹介

    ポルシェ初のピュアEV「タイカン」のプロトタイプが、ニューヨークで開催されたフォーミュラE最終戦でデモランを披露!

 開催テーマ「新たな自動車技術が支える地域創生」のもと、同社ではプラグインハイブリッドモデルの「アウトランダーPHEV」2019年モデルに採用したPHEVシステムの技術や、年内にサービス開始が予定されている「電動DRIVE HOUSE」を紹介し、生活をより豊かで便利にする電動車の新しい価値を提案する。


 アウトランダーPHEVは、昨年に大幅改良を実施。バッテリー容量を15%増やした効果で、EV航続距離を60.8kmから65.0km(JC08モード)に伸長。PHEVシステムの主要構成部品の約9割を改良し、より滑らかで力強く、静かな走りを実現している。また、車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感向上も図られている。

 ドライビングモードに「SPORT」と「SNOW」の2種類を追加し、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能も向上させている点も、新型アウトランダーPHEVの特色だ。


 一方、「電動DRIVE HOUSE」は、電動車の購入と合わせてV2H(Vehicle to Home:EVやPHEVに蓄えた電気を家庭で使う仕組み)を中心とした家庭用システムの新しいサービスとして紹介する。


 「電動 DRIVE HOUSE」とは、太陽光発電機器や V2H機器などで構成するシステムをワンパッケージ化し、さらに設置工事やアフターメンテナンスなどを一括してユーザーに案内するもの。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提案する。

 そのほか同展では、主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーに「アウトランダーPHEV」と「デリカD:5」を出品。 アウトランダーPHEVは、進化したツインモーター4WD による「力強い加速感」と車両運動統合制御システム「S-AWC」による「安心かつ軽快なハンドリング」を、今年2月に発売した新型「デリカD:5」は、パワフルかつ環境に優しいクリーンディーゼルエンジン、その高いトルクを滑らかにつなぐ8速スポーツモード AT による、上級感ある走りが体感できる。


●「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」概要
・開催時期:2019年7月17日~7月19日
・開場時間:10:00~18:00(19日のみ17:00まで)
・会場:ポートメッセ名古屋
(愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地)
・入場料:無料(登録制/事前または当日)
・主催:公益財団法人自動車技術会

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します